このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

「Yahoo! BB と同じ値段にしたら、うちは倒産!」NTT東日本古賀営業部長――NTT、フレッツ・ADSLに8Mbpsのサービスを追加

2001年10月25日 17時23分更新

文● 編集部 田口敏之

“フレッツ・ADSL”が、下り最大8Mbpsに

東日本電信電話(株)は25日、フルレートのADSL規格“G.992.1 AnnexC”による、下り最大8Mbps、上り最大1Mbpsのベストエフォート方式を採用したインターネット定額接続サービス“フレッツ・ADSL 8Mタイプ”を開始すると発表した。

月額利用料金は、電話回線との共用で3100円、非共用で4750円。このほかレンタルモデムの使用料金なども必要となる。モデムの利用料は440円で、現行の“1.5Mタイプ”と同じとなっている。申し込みの受付は11月下旬に開始し、サービスの提供開始は12月25日の予定。

提供エリアは、当初は東京都23区の一部で、今年度内には東京都全域および、首都圏に提供地域を拡大するという。また、2002年度の第1四半期までには、各県庁所在地級の都市に拡大する予定。NTT東日本によれば、サービス開始と同時に、東京都23区の半分程度のエリアで、サービスを提供できる見込み。また申し込みからサービス開始までにかかる時間は、2週間程度という。

NTT東日本取締役営業部長の古賀哲夫氏
NTT東日本取締役営業部長の古賀哲夫氏

NTT東日本取締役営業部長の古賀哲夫氏は、8Mbpsの接続サービスを開始した理由について「今あるウェブのコンテンツを見る限り、1.5Mbpsで十分だと思っていた。しかし、ストリーミング放送の容量の増加など、コンテンツの発展が思いのほか早く、もっと速い回線を導入しなければならなくなった。だが、光回線では敷設や準備などに時間がかかってしまうので、ADSLにした」ということだった。

各料金プランも値下げ、“マイラインプラス”とのセットサービスも提供

併せて、現行の最大1.5Mbpsの接続サービス“フレッツ・ADSL 1.5Mタイプ”と、総合デジタル通信網を利用した最大64kbpsの接続サービス“フレッツ・ISDN”の料金の引き下げを発表した。現在の月額利用料金は、“フレッツ・ADSL 1.5Mタイプ”が、電話回線と共用で3100円、非共用で4750円。これを、それぞれ200円ずつ引き下げ、2900円と4550円にする。“フレッツ・ISDN”の月額利用料金は、2900円から100円引き下げて、2800円となる。値下げは、12月1日からとなっている。

また“フレッツ・ADSL”と“フレッツ・ISDN”を利用しているユーザーが、“マイラインプラス”を市内通話と、同一県内の市外通話の2区分ともNTT東日本に登録している場合、月額料金をそれぞれ10%ずつ割引するサービス“マイラインプラスセット”を、12月から提供するという。

そして、8月より提供している光回線による接続サービス“Bフレッツ”のサービスの1つ“Bフレッツ マンションタイプ”にも変更を加え、料金プランを追加した。このサービスは、LAN配線などがある集合住宅等内の多数ユーザーで、アクセスライン100Mbpsを共同利用するというもの。従来、10ユーザー以上の契約見込みがなければ申し込みができなかったが、この条件を“8ユーザー以上”に変更し、また月額利用料金も、従来の3800円から3500円に引き下げた。また、16ユーザー以上の一括申し込みが行なえ、1ユーザーあたりの月額利用料金が3000円の新プランを追加した。

新料金体系について古賀氏は、「ほかの業者も、電話料金等や消費税などを含めれば、3300円から3500円程度になり、十分勝負できる価格だ。無理をして勝負をかけるよりも、合理化や整備を進めるほうを優先していきたい」と述べた。

また、“Yahoo! BB”など競合他社のサービスに対しては「Yahoo! BB と同じ事をやったら、うちは倒産してしまう! それに価格競争ばかりが注目されているが、安心して使えることを重視するユーザーは多く、実際に“フレッツ・ISDN”などのユーザーも、まだ増えている」とした。配布された資料によれば、4月から9月までの“フレッツ・ISDN”の新規加入者数は、全国で約26万2000人となっている。

申し込みと問い合わせは、NTT東日本のウェブサイトと、NTT東日本の専用窓口(TEL.0120-518411)にて受け付けている。

なお同日付けで、西日本電信電話(株)もフレッツ関連サービスについて発表した。8Mbpsの接続サービスについての発表はないが、その他の、1.5Mbpsサービスの料金引き下げや、マイラインプラスとのセット割引などは、NTT東日本と同じ内容になっている。

“ナンバー・ディスプレイ”のオプション、“ネーム・ディスプレイ”発表

“フレッツ・ADSL”などの発表と併せて、NTT東日本/西日本は、電話に出る前に発信番号などを表示するサービス“ナンバー・ディスプレイ”のオプションとして、電話相手の端末に、発信電話番号とともに名前や会社名を表示するサービス“ネーム・ディスプレイ”を発表した。同日、総務大臣に契約約款の許可申請および料金の届け出を行なったという。

これは、着信者の電話機に、あらかじめ発信者の番号と名前を登録しておかなくても、ネットワークサーバーのデータベースを参照して、番号や名前、会社名などを表示するサービス。発信者名は、50音別電話帳(ハローページ)の掲載名と同じ名前を基本とし、事業者や企業は標準で、個人は希望者のみ登録を行なう。なお、表示するためには、“ネーム・ディスプレイ”に対応した電話機(端末)が必要となる。利用料金は、“ナンバー・ディスプレイ”の利用料金に加えて、住宅用・事務用ともに100円(“INSネット1500”利用者は1000円)となっている。

“ナンバー・ディスプレイ”の普及の見込みについては「現在の“ナンバー・ディスプレイ”の利用者は、固定電話の利用者全体の1割程度であり、これが5年後までに、倍の2割程度まで増加するのではないだろうか」としている。

NTT東日本・フレッツ料金体系一覧

詳細な料金体系等は以下の通り。

“フレッツ・ADSL 8Mタイプ”

 
“フレッツ・ADSL 8MBタイプ”の月額利用料
サービス名 月額利用料 モデム利用料
(レンタルの場合)
屋内配線利用料
(レンタルの場合)
フレッツ・ADSL 8Mタイプ 電話回線と共用(加入電話の基本料金は別途必要) 3100円 490円 60円
電話回線と非共用 4750円 440円
 
“フレッツ・ADSL 8MBタイプ”の初期費用
サービスの種類 工事の形態 加入者回線の形態工事料金
フレッツ・ADSL 8Mタイプ モデムをユーザーが取り付け 電話回線と共用 2800円
電話回線と非共用 2000円
モデムをNTTが工事して取り付け 電話回線と共用 1万6500円
電話回線と非共用 1万4000円

契約料は800円。月額利用料のほか、ISPの利用料金が別途必要。回線の利用には、現行の“1.5Mタイプ”と同様、ADSLモデムとスプリッターを用いる。8Mbps回線のモデムは、1.5Mbps回線のモデムと異なるものを使用する。また、工事費は代表的な工事の例であり、工事の内容によっては異なる場合がある。

  • 申し込み受付開始日:11月下旬予定
  • 提供開始予定日:12月25日

“フレッツADSL 1.5Mタイプ”、“フレッツ・ISDN”の改定後の月額利用料金

“フレッツADSL 1.5Mタイプ”、“フレッツ・ISDN”の月額利用料金
サービス名 改定後料金 現行料金
フレッツ・ADSL 1.5Mタイプ 電話回線と共用 2900円 3100円
電話回線と非共用 4550円 4750円
フレッツ・ISDN 2800円 2900円

ISPの月額利用料金が別途必要。契約料800円および、ADSLモデムやスプリッターなどの機器利用料、屋内配線利用料については変更なし。現在サービスを利用しているユーザーは、新たに手続きを行なう必要はない。学校向け特別プランについては、現行料金からの改定はなし。“フレッツ・ISDN”の利用には、“INSネット”の基本料金が別途必要。

  • 料金改定実施日:12月1日

“マイラインプラスセット”

“マイラインプラスセット”割引後の提供料金
サービス名 月額基本利用料 月額利用料(割引適用後)
フレッツ・ADSL(電話回線と共用) 1.5Mタイプ 2900円 2610円
8Mタイプ 3100円 2790円
フレッツ・ADSL(電話回線と非共用) 1.5Mタイプ 4550円 4095円
8Mタイプ 4750円 4275円
フレッツ・ISDN 2800円 2520円

“フレッツ・ADSL”の電話回線共用タイプおよび、“フレッツ・ISDN”を使用していて、マイラインに申し込んでいるユーザーについては申し込み不要。“フレッツ・ADSL”の電話回線非共用タイプを利用している場合、同一設置場所の同一名義の電話回線(加入電話もしくはISDN)に合算請求することが条件となる。

  • 提供開始日:12月の月額利用料より適用する

“Bフレッツ マンションプラン”の新プラン

   
“Bフレッツ マンションプラン”の新提供条件と月額利用料
サービス名 新提供条件 現行提供条件 改定月額利用料 現行利用料
Bフレッツ マンションタイプ プラン1 8ユーザー以上の契約が見込める場合 10ユーザー以上の契約がみこめる場合 3500円 3800円
プラン2
(新規追加)
16ユーザー以上一括申し込みが可能な場合   3000円    

初期費用として、契約料が800円、工事費として1万1900円が必要となる。この工事費は代表的な工事の例であり、工事の内容によっては異なる場合がある。“プラン2”は、管理組合などの代表者からの申し込みとなる。

  • プラン2・申し込み受付開始日:12月1日
  • 提供開始日:12月1日

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART