このページの本文へ

インテルの高速SSD搭載レッツノートが登場

2009年02月23日 17時57分更新

文● トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インテルのSSD「X25-M」(80GB)を採用した「Let'snote W8 プレミアムエディション」

 ついにインテルの高速SSD「X25-M」(80GB)を搭載したLet'snoteの発売が決定した。X25-Mが搭載されるのは、「Let'snote W8」シリーズのプレミアムエディション。パナソニックのPC直販サイト「マイレッツ倶楽部」で注文受付を開始しており、出荷開始は3月27日の予定。直販価格は31万6250円~。

 X25-M搭載は国内メーカー初(23日現在)。X25-Mは、読み込み速度が毎秒最大250MB、書き込みが毎秒最大70MBと、一般のSSDよりも高速なのが最大の特徴だ。パナソニックによれば、従来のHDDモデルに比べ、約1.6倍のパフォーマンスアップとなるとのこと。


Let'snote W8 プレミアムエディション
フラッシュメモリードライブモデル
CPU Core 2 Duo SU9400(1.40GHz)
メモリー 2GB(最大4GB)
SSD 80GB
ディスプレー 12.1型液晶(1024×768ドット)
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
OS Windows Vista Business SP1
(Windows XPダウングレード権含む)
バッテリー駆動時間 約11.5時間
サイズ 幅272 mm×奥行214.3 mm
×高さ24.9 mm/45.3 mm(前部/後部)
重量 約1.24kg
直販価格 31万6250円~

 また、W8シリーズのプレミアムエディション用天板として、高強度アルミ素材を使った「ルミナリーシールド」が追加されている。ジュラルミン相当の強度と加工性を両立した新開発の素材「GM55」を採用。ヘアライン加工を施し、金属の質感を高めている。80枚の限定販売で、価格は本体価格プラス1万500円となる。出荷開始は3月19日。

 このほか、W8、T8、R8シリーズ用天板として、春限定カラー「ピンクスプラッシュ」が追加された。計100枚の限定販売で、価格はプラス5250円。出荷開始は3月9日。


W8シリーズのプレミアムエディション用天板「ルミナリーシールド」W8、T8、R8シリーズ用の春限定カラー天板「ピンクスプラッシュ」

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン