このページの本文へ

Seagate製HDDに不具合

アキバでSeagate製3.5S-ATA HDDが消えた! 販売を自粛中

2009年01月20日 23時55分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米Seagateの発表による「一部モデルでのデータ読みとりが不可能となる不具合」を受け、Seagate製の3.5インチSerial ATA対応HDDが秋葉原で買えないという状況となっている。

価格表1 価格表2
ショップの価格表でもほとんどのモデルが「完売扱い」となり、購入することはできない状況となっているSeagate製の3.5インチSerial ATA対応HDD

 秋葉原の各ショップによると「特に販売停止のアナウンスなどはないが、自主的に販売を取りやめている」という。同社によると「Barracuda 7200.11」「DiamondMax 22」「Barracuda ES.2 SATA」などの一部ロットで「PCの起動時にHDDからのアクセスが不可能となり、データの読みとりができず、BIOSからも認識されなくなる」という。
 「今は代理店の対応待ちですね」というように、ショップの対応もまちまちといった様子。とはいえ、人気のHDDメーカーのひとつだけに、今後の対応が気になるところだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中