このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

2009年はこのおもちゃがすごい――TOYフォーラム2009レポート

リアルすぎる人生ゲーム、俺監督アニメ製作マシンとは

2009年01月15日 14時20分更新

文● 夢見る頃を過ぎても盛田/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今年もにぎわう「TOYフォーラム2009」会場より、「今だから定番、今こそ攻め」とコンセプトが銘打たれたタカラトミーブース。おもちゃ業界の現場にこそ冷たい風が吹く冬の時代、生き残りを賭けたレースが激化している

 1月14日~15日の2日間、国際フォーラムで開催の「TOYフォーラム2009」では、今年注目のおもちゃが一斉に展示された。業界内ではメガブランド・任天堂の1人勝ちが続き、他業種と同様に不況の風が吹き荒れているのは知ってのとおり。

 だが、こういう逆境で実力を発揮するのがおもちゃ業界ということも忘れてはならない。ピンチのときこそ、これまでとはまったく異なる発想から作られた面白すぎるアイテムが目白押しになるというもの。能書きはさておき、さっそく各社の注目製品を見ていこう。

タカラトミーの「絶望必至、リアルすぎる人生ゲーム」

タカラトミーの看板アイテム「人生ゲーム」シリーズ最新作「極辛」、実物経済にやさしい定価3990円で4月発売予定。ボードサイズは従来の1.5倍とワイドサイズで、プレイ時間も1.5倍に延長。念のために言っておくと、タカラトミーの情熱は本気だ。空気読めるユーザー層が求められるのは当然のこととして、情熱にほだされて本気でケンカできるので注意していただきたい
まず人生は「就職難」からはじまる。「就職マス」なんて甘っちょろいものは存在しない。運がなければ(ここ重要)20代から延々と続く超絶不安定なバイト生活、もちろん労組に力はない。さらに「結婚マス」なんて資本主義的な恋愛制度はあるわけもなく、すべて動物的に「できちゃった婚」だ。さらにその家族も家出の危険にさらされるという徹底ぶり。これが現在、われわれマスコミが言うところの「人生」である
同社では「人生ゲームは不況に強い!」というすさまじいキャッチフレーズを掲げていた。2003年日経ダウ平均が7000円台の冷え込みを見せはじめたとき、前作が大ヒットしたのだとか。今回の新要素として追加されたのは「ストレスカード」、これが一定枚数たまると絶望的な選択肢しか見えない「スパイラルゾーン」という鬼のような僻地に飛ばされることになる。まさに生き地獄だが、そこでこそ何かを悟って強く生き残ってほしい
実際にあったら怖い「極辛バスツアー」ガイドに扮したコンパニオンさん、衣装は自前とのこと

 (次のページ: 2足歩行ロボ、トランスするミッキー、山手線腕時計 ほか)

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART