このページの本文へ

ぜーんぶGR DIGITAL II、GX 200での撮り下ろしです

森山大道、初のデジカメ写真展「銀座/DIGITAL」

2009年01月08日 08時00分更新

文● 盛田 諒/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

森山大道が撮った「すっぴん」の銀座

 7日から、森山大道が銀座「RING CUBE」で初のデジカメ写真展「銀座/DIGITAL」を開催している。モチーフは新宿ではなく、そのもの「銀座」だ。森山さんが昨年の11月末から12月の間にで撮りためた写真から65枚を展示している。

 知らない人に紹介するなら、森山さんは都市にわきたつ「人間」そのものの匂いと孤独を撮りつづけている写真家だ。細江英公に師事し、「アレ・ブレ・ボケ」と表現されるガリガリの高コントラストとゴリゴリした粒子の粗い構図がよく知られている。

 以前GR DIGITALオフィシャルサイト内のギャラリーで「新宿」をモチーフに撮っていたときも「アナログとデジタルの差異は感じなかった」と語っていた同氏。初となる「プリントアウトした状態で」の展示はどんなものか気になっていたので、さっそく足を運んできた。

会場に入ってすぐ目に入る、森山さんの献辞(左)と今回の使用機材(右)。GR DIGITAL IIとGX 200
RING CUBE特有のカーブした壁面に全65枚の写真がずらりと並ぶ。同フロアーの写真はすべて昨年11~12月に撮りおろしたもの。まだ書籍化の話はないとのこと

 森山さんがフィルム時代からのリコー「GR」ユーザーということはよく知られている。同社からのインタビューに「手に21mm、ジーパンのおしりのポケットに28mm」と答えていたことも記憶に新しい。

 今回の企画展では、オンラインギャラリーではおさえめだった(と思う)コンパクトデジカメならではの生々しさが表れているように感じた。なんというか「彼女、服の下は全裸だぜ」と言われているようなエロティックさがある。フィルム時代の荒々しさともまた違う、東京の「すっぴん」が撮られているのだ。

今回撮影した写真は全部で170点余り。展示しきれなかった写真はディスプレーで上映している(左)。展示のかたわらに森山さんのサインが入っていた(右)
展示は9Fでも開催している。こちらはこれまでに撮りためていたものからの出展(左)。また、同階はリコーがこれまでに発売したカメラの約3分の1が揃うギャラリースペースにもなっている(中央)。傍らに「リコーフレックス」の特設コーナーも設けられていた(右)。ちなみに最も古い展示品は1934年(昭和9年)の「オリンピック B型」。当時の販売価格は15円で、現在の値段に換算すると7~9万円程度?)

 近作「新宿+」「ハワイ」(いずれも月曜社)などで衝撃を与えつづける同氏の写真世界。まともに何かを見づらくなった時代にこそ、森山さんが「デジカメ」で撮影したカットは新鮮な視線を与えてくれるはず。企画展はもちろん入場無料で、2月1日までの開催。冬晴れの銀座を散歩がてら、立ち寄ってみてください。

森山大道写真展「銀座/DIGITAL」

  • 2009年1月7日~2月1日
  • RING CUBE(三愛ドリームセンター内)
  • 東京都中央区銀座5-7-2
  • 03-3289-1521

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中