このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

文化庁的にいちばん面白かったメディアアートをゴゴゴゴゴッと徹底的にフォトレポート

大賞はWii Fit? TENORI-ON? 文化庁メディア芸術祭レポート

2008年12月10日 14時30分更新

文● 個人的にはニコ動とKORG DS-10なんだけどなー盛田/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
というわけで、エンターテインメント部門の大賞はデジタル楽器「TENORI-ON」でした。「Wii Fit」は優秀賞です

文化庁が選ぶ、2008年度メディアアート大賞が決定

 今回で第12回となる文化庁メディア芸術祭。国内外を問わず先進的なメディアアートを公募で選出しており、年々その注目度は高まっている。カテゴリーは「アート」「エンターテインメント」「アニメーション」「マンガ」の4部門で、今回の応募は合計2146作品(44ヵ国)と過去最多。日本がメディアアートに適した土壌に育っている証拠だろう。

 今年は4部門に共通して、「海外」「身体」「個人」「視覚化」の特徴があったと、受賞作発表前に運営委員の浜野保樹氏は語る……って、どういうことなのだろうか。

「各年の傾向が強く出る」と運営委員の浜野保樹氏

 まずはじめに「海外の応募作が全体の1/4と多い」こと。2つ目はそのもの身体とメディアの関係を作品化したもの、「見るだけではなく体感する作品が多い」こと。

 3つ目は「インディペンデント系作品のクオリティが非常に高い」こと。そして4つ目は「音楽など、見えないものを視覚化する作品が多い」ことだ。

 どこかメディアとしての「インターネット」が向かっている方向に近いようにも思える。実際に受賞作を見てみると、それぞれの部門ごとに、4つの特徴をハッキリと示す作品が発表される結果となった。それではさっそく写真たっぷりでザクザク紹介していこう。

 なお、受賞作は2009年2月4日(水)~15日(日)まで、東京・六本木の国立新美術館で展示される。入場は無料なので、スケジュール帳にメモしておきたい。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART