このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

次世代Windowsの姿が見えた! ― 第19回

NetbookでWindows 7は快適に動くのか? Windows 7の実像 番外編

2009年01月14日 18時29分更新

文● 山本雅史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows 7の日本語版
一般ユーザー向けにもβ版が配布されているWindows 7の日本語版。32bitと64bit版が提供されているが、エディションはUltimateのみ

 米国ラスベガスで開催された家電見本市International CES 2009の基調講演で、米マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマー(Steave Ballmer)氏は、Windows 7 β版の一般ユーザーへの提供を発表した。一般向けダウンロードは9日から開始されたが、アクセスが集中したため一旦休止。サーバーを増強して再開された。

 アクセスが集中した理由は、β版のプロダクトキー提供数が、先着250万ユーザーまでとなっていたためだ。そのためマイクロソフトでは、この制限をはずして、1月24日までにダウンロードしたユーザーすべてにプロダクトキーを配布すると方針変更した。

Windows 7の日本語公式サイト Windows 7の日本語公式サイト。ダウンロードもここから行なえる
β版は英語、アラビア語、ドイツ語、ヒンズー語、日本語の5種類が提供
本稿執筆時点では、β版は英語、アラビア語、ドイツ語、ヒンズー語、日本語の5種類が提供されている

 運悪くプロダクトキーがもらえなかったとしても、インストール後30日間+再延長の計60日間は試用できるので、テスト体験してみる分には問題ないだろう。ただし、あくまでもβ版OSにすぎないことは忘れないように。

 ちなみにこのβ版は、使用期限が2009年8月1日までとなっている。マイクロソフトではWindows 7の提供スケジュールについて、今後は製品候補版(RC版)を1回リリースしたうえで、特に大きな問題がない限り製品版へと進む予定としている。β版の期限から推測すると、2009年秋~年末までにWindows 7はリリースされると思われる。


最小ハードウェア要件は意外に緩い

 β版のダウンロードサイトは、こちらの日本語サイトが用意されている。また、米国のサイトでも日本語版が提供されている。

 ダウンロード時にはWindows Live IDが必要になる。Windows Live IDは必要なら簡単に作れる。また、ダウンロードするファイルはISOフォーマットなので、インストールするにはDVD-Rなどのメディアを作成しなくてはならない。

ダウンロードにはWindows Live IDが必須 ダウンロードを開始する前にプロダクトキーが表示される
ダウンロードにはWindows Live IDが必須。IDとパスワードを入れて進むと、いくつかの簡単な質問が提示されるダウンロードを開始する前にプロダクトキーが表示される。メモを取るか印刷しておくとよい。使用期限は8月1日まで

 ダウンロードするファイルサイズは2.45GBほど。通信速度によっては非常に時間がかかる。実際にアクセスが集中していた日には、8時間もかかったほどだ。

 Windows 7 β版の推奨する最小ハードウェア要件は、以下のようになっている。

  • CPU 1GHzの32bitまたは64bit CPU
  • メモリー 1GB
  • HDD 空き容量16GB
  • グラフィックス Windows Aeroを動かす場合はDirectX 9対応GPUと128MBのビデオメモリー
  • 光学ドライブ DVD-R/Wドライブ
  • インターネットへの接続環境

 この程度であれば、2世代前のパソコンでも十分動かせる。くどいようだが、あくまでβ版であるので、テスト用のパソコンを用意して導入すべきだろう。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】黙ってられんWin10無償アプグレ!徹底討論

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART