このページの本文へ

次世代Windowsの姿が見えた! ― 第13回

Windows 7をNetBookで動かせ! WinHEC展示会レポート

2008年11月08日 09時00分更新

文● 山本雅史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米国ロスアンゼルスで開催中の、ハードウェア技術者向けカンファレンス「WinHEC 2008」では、カンファレンスだけでなく展示会も開かれている。ここでは、会場で見かけた興味深い展示を紹介しよう。

「Wind NoteBook U100」にWindows 7がインストールされていた 日本でもおなじみのMSI「Wind NoteBook U100」にWindows 7がインストールされていた

 マイクロソフトのブースでは、CPUにAtom、メモリー1GB搭載のNetBookにWindows 7がインストールされ、自由に触れるようになっていた。筆者も試してみたが、Windows 7のプレβ版をNetBookで動かしても、Windows XP並みには動作するのではないかと思えた。

U100のハードウェア構成 U100のハードウェア構成
そのU100はAtom N270(1.60GHz)とメモリー 1GBという構成。この構成でも、Windows 7は十分なパフォーマンスで動作した

 ブースの担当者によれば、Windows 7でもXP並みかそれ以上に、長時間のバッテリー駆動が可能とのこと。また、メモリー使用量も減っているため、NetBookでは一般的な1GBのメインメモリーでも、それなりに動作するという。「Windows 7がリリースされれば、もうNetBookにXPをインストールする必要はない」とも豪語していた。

 マイクロソフトにとっても、「NetBookでもWindows 7」というのは、外せない問題になっているのだろう。

Atom N330搭載のWHS搭載サーバー Atomホームサーバーのブロックダイアグラム
AtomをCPUに採用したWindows Home Serverも登場。左写真のホームサーバーには、Atom N330が使用されている。右写真はAtomホームサーバーのブロックダイアグラム
Windows 7で追加された「デバイスステージ」 キヤノンはインクジェットプリンターのデバイスステージを披露
Windows 7で追加された「デバイスステージ」では、接続されているデバイスのアイコンに、製品のデザインに則した画像が使われているキヤノンは早くも、自社のインクジェットプリンターのデバイスステージを披露。デバイスステージを作成するSDKがリリースされていため、非常に簡単に対応できるとのこと
Windows SideShowもWindows 7対応 活用事例に乏しい「Windows SideShow」もWindows 7対応。写真右のサブディスプレーは、Windows 7のマルチタッチ機能をサポートしている
Windows 7のセンサーAPIのデモ Windows 7のセンサーAPIのデモ
Windows 7のセンサーAPIのデモ。光センサーで光を検知して、画面表示を変更している
Windows 7の新機能「Enhanced Storage」のデモ機 Windows 7の新機能「Enhanced Storage」のデモ機。写真のUSB HDDは米シーゲート社のセキュアーHDDで、Enhanced StorageではHDD自体が持つ暗号化機能を利用して、保存データを暗号化する

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン