このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

山谷剛史の「中国IT小話」 ― 第39回

権威失墜する中国のアキバ

2008年12月25日 10時00分更新

文● 山谷剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 中国の代表的な電脳街、北京の「中関村」(ジョングワンツゥン)で売り上げが大幅に減少している。これは経済危機の影響ではなく、別のところに原因がある。中関村人気失墜のニュースに対して、ネット掲示板の反応は淡白。「廃れて当然」と反応している。

IT系ポータルサイトの編集部が中関村にあり、日々電脳街の様子を伝えている


中国版秋葉原が凋落している


 中国人に「中国一の電脳街は?」と聞けば、ほとんどの人が「北京の中関村」と答えるだろう。

近代的な建物が並ぶ中関村

 中関村は、中国一の電脳街であり、研究施設が集中する地域でもあり、また(中国企業時代の)「レノボ」や「百度」の本社が集う、ハイテク企業が集中する地域でもある、アキバに筑波を加え、さらに格がついた渋谷や六本木を加えたような地域、それが中関村だ。広義での中関村は非常に広いが、タクシーに乗って「中関村に行って」といえば、狭義の中関村である電脳街地区まで運んでくれる。

 中関村は中国人にとって有名な場所ではあるが、観光地化はされていない。電脳街には、北京に住む地元中国人や駐在の外国人ばかりで、ハイテクパークの地域は人通りもまばらだ。日本の秋葉原では、外国人向けの免税店が軒を連ね、日本観光ツアーの中にアキバ観光を組み入れたり、外国人向けにアキバツアーがあったりする。大きな違いである。

電脳街「中関村」の入口に位置する「海龍電子城」

 愛国心の強い中国全土の中国人は、一度、北京に旅行に行き、天安門広場に立つことを憧れるが、しかし一度は中関村に行ってみたいという声は、PCマニア以外に聞いたことがない。

 それでも中関村は、中国の電脳街の中の電脳街であり、中国のアキバであることには変わりない。その中関村の売上が大幅に減少している。特に直近の大型連休だった、10月の建国記念週こと国慶節以降、「客入りが普段の3分の1」「店舗の5%が閉店」「売上額が半分近くに落ちた」など非常にお寒い状態が続いている。その中関村の異常事態を、いくつかの中国メディアがレポートしている。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART