このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

山谷剛史の「中国IT小話」第96回

iPhoneが大好きな中国人、その実態とは

2011年05月17日 12時00分更新

文● 山谷剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アップル代理店は電脳街にも繁華街にもある 中国最貧省「貴州省」の繁華街のアップル代理店も盛況
アップル代理店は電脳街にも繁華街にもある中国最貧省「貴州省」の繁華街のアップル代理店も盛況

 若い金持ち中国人は「iPhone」が大好きだ。上海でも北京でも、地下鉄に乗ればiPhone(iPod touch?)ユーザーを多数見かけるし、繁華街にあるお洒落なアップル製品代理店は若い人でごった返す。

 四川省の「九寨溝」や、チベット自治区の「ラサ」などの著名な内陸の観光地でも、iPhoneを持ち歩く旅行者をよく見かける。

「ついにきた、白色iPhone 4」 ciphone。現在Android搭載など様々なモデルがあるようだ(www.ciphone.com.cn)
「ついにきた、白色iPhone 4」ciphone。現在Android搭載など様々なモデルがあるようだ(www.ciphone.com.cn)

 「ciphone」をはじめとするニセモノが登場するのは、話題性があることの裏づけだ(そういう意味では以前話題を席巻した「威力棒Vii」もまた、Wiiが当時中国で話題だったことを裏付ける証拠ともいえる)。

 普段は地下鉄には乗らず、バスなどのより安価な交通手段を使うような(裕福でない)人たちは、金がないので九寨溝にもラサにも行けないわけで、逆に言えば地方都市では今もiPhoneユーザーとは普段出会わない。地方の人々の多くが旅行先とする北京の天安門広場や上海の外灘でのiPhoneユーザーとのエンカウント率は低い。つまり、プチリッチが集まるところに、携えられたiPhoneがある。

Apple製品人気のトリガーはiPhone

2010年から2011年にかけてのアップル製品の注目度。じわじわと上がっている 2010年から2011年にかけてのアップル製品の注目度。じわじわと上がっている

 若き中国人が好むApple製品が昔からあったわけではない。日本でもiPodやiPhone人気で、Appleが一躍「知る人ぞ知るブランド」から「一般人に認知されたブランド」になったように思うが、振り返るに中国でのトリガーはiPodではなくiPhoneのタイミングだったと思う。

 日本におけるiPodの売りのひとつは「日本市場で流通している商品よりも圧倒的に低価格」なことだったが、中国ではさらに激安なノンブランド(山寨機)のmp3プレーヤーがすでに売られていたため、iPodは高価な輸入品であり、貴金属のように独立したガラスケースに入って売られた商品で、認知度の低さから注目を浴びなかった。

 中国では「iMac」や「iBook」を含め、Mac本体はごくごく一部のマニアやDTPなどの現場で使われるだけであった。

2011年4月の携帯電話注目度ランキング(中関村在線)。iPhoneの人気は依然として高い 2011年4月の注目のスマートフォン(中関村在線調べ)
2011年4月の携帯電話注目度ランキング(中関村在線)。iPhoneの人気は依然として高い2011年4月の注目のスマートフォン(中関村在線調べ)

 iPhoneを所有する一番の目的は、多くの人が持っていることから、格差社会の中で「自らが成功者であり、金を持っていること」を示すためである。いくら性能やデザインが良くても話題性、引いては世間一般の認知度がないと多くの中国人には魅力的ではないのだ。

 他国でiPhoneに引けをとらないスペック・デザインの「GALAXY S」や「Xperia arc」が話題になろうとも、中国ではステータスの表示こそが大事なのだ。その辺は本連載の過去記事「中国での人のステータスはガジェットで決まる」をご覧いただきたい。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART