このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

時事ニュースを読み解く “津田大介に聞け!!” ― 第29回

法律が現実に追いつかない──津田氏、私的録音録画小委を総括

2008年12月27日 12時00分更新

文● トレンド編集部、語り●津田大介(ジャーナリスト)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
津田氏
津田大介氏

 「ダウンロード違法化」の方針は変わらず、「iPod課金」は見送り──。

 16日、文化庁の文化審議会 著作権分科会 私的録音録画小委員会の第5回会合が開かれた。今年度の話し合いを総括し、導き出されたのが冒頭の結論だ(ダウンロード違法化はこちらの記事、iPod課金はこちらの記事をそれぞれ参照)。

 私的録音録画小委員は、CDやMDといった録音メディアに課していた「私的録音録画補償金」制度を時代に合わせて抜本的に見直す目的で、2006年に設けられた会合だ。しかし、この3年で話し合われてきたのは、ダウンロード違法化やiPod課金といった本題にピタリと当てはまるテーマではなかなった。

 来年以降、私的録音録画補償金の見直しはどうなっていくのだろうか? 3年間、委員として私的録音録画小委員に出席してきたジャーナリストの津田大介氏に、著作権行政の「来し方行く末」を聞いた。

文化庁 文化審議会の組織図
文化庁 文化審議会の組織図

きちんと議論を深めたかった

── 3年間、会合に出席されてきて、今の率直な感想をお聞かせください。

津田 以前のインタビューでも触れましたが、もっと根本的なことについて議論を深められなかったのは残念です。

 小委員会は昨年末、2年間に話し合われた成果を「中間整理」としてまとめました。その時点から1年間、メインテーマである私的録音録画補償金についてはほとんど議論されず、今回の会合で出た結論も変わっていません。ダウンロード違法化も、昨年の中間整理で方針が決まり、そのまま通っています。

 それでもダウンロード違法化については中間整理の時点で、「責任を問うのは民事だけで刑事罰は課さない」「違法コンテンツと知らずにダウンロードしたら罪を問わない」「ストリーミングは対象外」「対象は録音・録画のみ」といった4つの制限が付くようになりました。

 来年の通常国会で法案が通り、ダウンロード違法化が法律として施行されたとしても、短期的には今のインターネットの秩序がそう大きく変わることはないと思います。その意味では実効性がないとも言えるわけですが、それでも小委員会における3年間の議論を振り返ってみると、実効性がない分、妥当なところに落ち着いたなという印象もあります。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART