このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

細田守監督も駆け付けた 第13回文化庁メディア芸術祭

2009年12月05日 15時30分更新

文● 千葉英寿

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今年で第13回となる文化庁メディア芸術祭。2月3日~14日には国立新美術館で受賞作品の展示も行なわれる

 国立メディア芸術総合センターの見直しなど、あまりよい話題としては注目されていないメディア芸術だが、その本来の評価を受ける場である「第13回文化庁メディア芸術祭」の受賞作品が3日、発表された。応募総数は2592作品。うちアートが1169点、エンターテイメントが622点、アニメーションが473点、マンガ328点となった。

 アニメーション部門では2006年に大賞を受賞した「時をかける少女」の細田守監督が、今夏大ヒットを記録した『サマーウォーズ』で二度目の大賞受賞に輝いた。同作品は多くの観客が二度三度とリピーターとなるほどの人気で、それが作品の評価につながった。

 なお、受賞作品展は2010年2月3日~14日、東京・六本木の国立新美術館で開催される。会期中は上映会も開催され、今回は東京ミッドタウン、東京現代美術館などでもサテライト上映が行なわれる予定。また、これまでよりも回数を増やしたシンポジウム、プレゼンテーション、パフォーマンスなども多数行なわれる。

応募総数は毎回増加している。特に海外の作品が顕著という

 授賞に際し、文化庁の清水功氏は「注目度・認知度も上がり、応募総数も過去最高になった。施設という発想にとらわれず、メディア芸術の育成、メディア芸術祭の充実をはかっていきたい」と話した。運営委員の東京大学大学院教授・浜野保樹氏は「(マンガ部門の奨励賞で)海外のマンガ作家が受賞したのはうれしい。こうした才能はメディア芸術祭で顕彰しなければ」と語った。

 各部門の大賞・優秀賞・奨励賞、また功労賞、今回、特別に設けられた特別功労賞は次のページから。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART