このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

第12回メディア芸術祭で専門家4人が見つけた「私のベストチョイス」

ケータイで魚を釣り、ペンギンを吹っ飛ばす芸術祭

2009年02月09日 18時51分更新

文● 千葉英寿

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今年で12回目の開催となる文化庁メディア芸術祭。エンターテインメント部門大賞には、ヤマハの電子楽器「TENORI-ON」が選ばれた

 今月4日から今週末15日まで、国立新美術館において「第12回 文化庁メディア芸術祭作品展」が開催されている。

 同イベントは日本ならではの「メディア芸術」を紹介するフェスティバル。アートだけではなく、マンガやアニメ、映像やゲームといった多ジャンルの作品が出品されている。テクノロジーやメディアの進化にともなって変化してきた「メディア芸術」が、世界44ヵ国・地域の2146作品から約170作品が一堂に会する一大イベントだ。

 今回はアート好きの筆者だけでなく、メディア芸術に詳しい専門家4名に「見逃したらもったいない、今年の各部門ベストチョイスはこれ!」という作品を選んでもらった。お越しいただいたのは、イラストレーターのいしいゆきさん、CG/CADデザインを手がけるケイズデザインラボの原雄司さん、異色の若手アーティスト・飯田淑乃さん、そしてテクノロジー系ジャーナリスト・林信行さんの4名だ。

■レビュアー紹介


いしいゆき

イラストレーター。悪質商法防止共同キャンペーンのキャラクターとして一役買っている「カモかも」の生みの親。


原雄司

企業の製品デザインや事業支援など、3次元CAD/CG/CAMを専門に幅広く手がけるケイズデザインラボの代表取締役。ムエタイをはじめとした格闘技のプロファイターとして活躍した経歴を持つ。

飯田淑乃

グラフィックデザイナー・佐藤卓さんによる「チョコ納豆」が人気の「水戸芸術館おみやげプロジェクト」第2弾を担当。自分の考案したキャラクターになりきってブログを書くなど異色の活動が話題を呼んでいる。


林信行

「iPhoneといえば林信行」と言われるテクノロジーライター。ASCII.jpでも「林信行が語る「2008年、知っておくべき10のトレンド」などを執筆している。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART