このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

レンズの味すら表現、驚くべきα900の表現力

2008年10月29日 09時00分更新

文● 小林 伸/カメラマン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
α900
α900。初のフルサイズCMOS搭載機であると同時に、α-9を超える高性能ファインダーにもこだわった意欲作だ

フルサイズ機として標準的な大きさ


α900
標準的な画角をカバーするズームレンズ「Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM」との組み合わせ。レンズに対して、若干ボディーが小さいかな、という印象すらある

 ソニーのデジタル一眼レフ機「α」シリーズに、待望の35mmフルサイズCMOS機が加わった。有効2460万画素とこのクラスでは最高の画素数。大型化したイメージャーを駆動させて、ボディー内の手ぶれ補正も実現しているというのだから、恐れ入る。

 フルサイズにボディー内手ぶれ補正と聞いて、相当に大型になるだろうと予想していたが、手に取ると意外にコンパクトだ。α700や他社APS-C機と比較すると確かに大きいが(比較するのも酷だが)、デザイン上の狙いやボディー内手ぶれ補正が入ってこのサイズなら納得がいく。



ファインダーは、広大で明るい


 デザイン面でのポイントは、大きくとんがったペンタ部分だ。フラッシュを内蔵するため、最近の一眼レフ機では平たい形状になることが多い。α900はフラッシュを内蔵せず、ペンタプリズムの形を生かした、少しクラシカルな雰囲気である。若干ゴツさを感じるが、全体的なテイストは、銀塩時代の一眼レフ機のイメージに近い。

 視野率約100%のファインダーは、銀塩時代の名機「α-9」を超える品質を目指したという(詳細はインタビュー記事)。確かに見え方は一級品で、価格的にかなりの差がある他社プロフェッショナル機と比較しても遜色ない広さだ。画面も明るくとても、見やすく感じた。

α900 α900
α900を正面から見たところ。肩の部分の高さはα700とほぼ同じ背面から見たところ液晶ディスプレーのサイズは3インチ

 フォーカシングスクリーンは、標準Gタイプのスフェリカルアキュートマットでもピントの山はかなりつかみやすかった。今回は試せなかった、別売Mタイプ(スーパースフェリカルアキュートマット)も気になる存在である。

 ゴツさはグリップ部分にも感じる。デザイナーとメカ設計者の間で、形状は細かく吟味されたそうだ。男性(筆者)の手ではしっかり握れるが、女性の場合、少々手に余るかもしれない。

α900
上面から見たところ。右のグリップ部分にモノクロの情報表示用液晶ディスプレーが新たに設けられている

 フルサイズ機ということで、イメージセンサーの面積は2.35倍に増している。ミラーも当然大型化されているので、ミラーショックも心配だ。α900では「スイングバック・クイックリターン」といった、生易しい方式ではなく、「パラレルリンク」と呼ばれる、ミラーをほぼ真上に引き上げる方式で動作する。駆動音は、お世辞にも静かとは言えないが、ショックはかなり抑え込まれていて、想像するほど振動はない。

 全体的な感触は、メーカーは違うが、中判一眼レフカメラの「PENTAX 67」や「PENTAX 645」を思わせる。音に関しても吟味したとのことだが、APS-Cサイズの小さく俊敏な駆動音になれた人の耳には、多少大味に聞こえるかもしれない。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART