このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

デジカメ市場、厳しい冬の実態

極寒! 2ケタ減のデジカメ市場、底冷え続く

2009年01月15日 20時30分更新

文● 西川仁朗/ トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
主要なデジタル家電は軒並み苦戦している

 昨年9月のリーマン・ショックから始まった、景気後退の影響色濃く、デジタル家電、パソコン関連などの販売は不振を極めている。

 15日に発表されたBCNの調査によると、年末商戦で盛り上がるはずの12月も、2008年に関しては例外だったようだ。薄型テレビ、レコーダー、パソコンの台数ベースの伸び率はプラスになっているものの、薄型テレビとパソコンは金額ベースではマイナス。デジタルカメラに関しては、コンパクトデジカメが不振で台数、金額共にマイナスだった。

 特に厳しい戦いを強いられるデジタルカメラにフォーカスしてみよう。

年末商戦、金額ベースで2ケタ減のデジタルカメラ

 まず、デジタルカメラ市場全体の概況を見てみよう。

 昨年1年デジタル一眼が好調だったため、昨年12月に初めて12.8%と市場全体の1割を占めるまでになった。しかし、12月のデジタルカメラ全体の台数ベースでは対前年比93.8%、金額ベースでは81.8%と大幅に減少している。

市場の9割を占めるコンパクトデジカメの不振と、デジタル一眼の価格低下の影響が大きいようだ

 コンパクトデジカメに関して、BCNアナリストの道越一郎氏は「他社との差別化に繋がる新しいキーワードが見つからず、苦戦している」と指摘する。

コンパクトデジタルカメラの市場の推移。金額ベースでは1年通じて一度も対前年同月比を超えることがなかった

 実際に数値を見てみると、デジタル一眼の低価格化が進むことで、6万円以上するような高級コンパクトデジカメの市場が喰われているようだ。

 

 道越氏は「リコーのGRシリーズなどが低価格のデジタル一眼に押されている。コンパクトデジカメの高級機は、他のコンパクトと比べて何が優れているのか違いが分かりにくい」と述べる。価格に関して言えば、コンパクトデジカメの800万~1000万画素、1000万~1200万画素クラスの平均単価は大幅に下がっている。一方、1200万画素以上の高画素モデルは比較的価格下落の幅が小さい。

 メーカー別のシェアで見ると、IXYシリーズが好評のキヤノンが引き続き堅調のようだ。「パナソニックは2008年中盤までは好調だったが、後半はリソースをG1に注いだのかやや落ち込んだ」(道越氏)

コンパクト市場は春から夏にかけて混戦模様だったが、秋以降はキヤノンが大きく伸ばしている。

*(注)パナソニックの「LUMIX DMC-G1」は一眼レフ市場の数値に組み込まれている。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART