このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

DRMのない音楽配信

2008年08月24日 15時00分更新

文● 塩澤一洋 イラスト●たかぎ*のぶこ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

性悪説から性善説へ 社会の熟度が試される


01

 '07年5月30日、「iTunes Plus」が始まった。256kbpsのAAC形式でエンコーディングされており、DRMが付加されていない楽曲ファイルを買える。従来iTunes Storeで販売されていたのは128kbpsのDRM付き。それがPlusでは、ビットレートが2倍になって音質が向上したうえに、DRMフリーなので使い勝手もいいのだ。

 さっそく、今までiTunes Storeで買った楽曲のうち、アルバム1枚10曲をPlusにアップグレードした。アイリッシュ・フィドルの名手、アラスデア・フレイザーのアルバム「The Road North」である。

 古いファイルを消去せずダウンロードしたので、iTunesのライブラリには以前に買った128kbpsの「保護されたAACオーディオファイル」と今回買った256kbpsの「購入したAACオーディオファイル」が交互に20曲並んだ。これで聴き比べができる。

 まず、1曲目から順に新旧のファイルを聴いてみた。使ったのはソニー(株)のモニターヘッドホン「MDR75 06」である。確かに音が違う。Plusから買ったファイルのほうが、音に迫力とツヤがあり、粒立ちがいい。

 特に各音のアタックがはっきりしているし、弦をこするノイズも自然に聴こえる。また低音部の音が豊かに響き、音程感も明瞭だ。さらに、高音成分がたくさん含まれるハーモニックスもきれい。総じてダイナミックで、演奏者が近くにいると感じられる。そんな印象だ。

 聞くところによるとiTunes Storeで売られている楽曲ファイルは、専門のレコーディングエンジニアがそれぞれの圧縮率に最適化しながらCDとは別に制作したものらしい。一般人がCDからiTunesに取り込み自動的に圧縮したものとはまったく質が違うとのこと。納得である。


(次ページに続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中