このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第62回

iPhoneで猫を撮る―カメラとしての実力は?

2008年07月23日 13時41分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
石のテーブルでへちゃーっとつぶれてた猫
冷たくて気持ちよさそうな石のテーブルでへちゃーっとつぶれてた猫

 実は、発売前日からソフトバンク表参道に並んでいち早くiPhone 3Gを手に入れて以来、ずっとiPhone三昧。散歩の友もiPhone。想像以上に楽しんでおります。

 というわけで、今回は旬のデジタル機器、iPhoneで猫を撮ってみた編。何しろこればっかで遊んでいたもので……。

 実はiPhoneのカメラって、200万画素で固定フォーカス、レンズも小さくてマクロモードもなしっ! 潔いほど何もない。今ドキのケータイでいえば「中級機クラス」。ハイエンドケータイはみな300万画素以上でAF付きが当たり前だから、スペック的には大したことない。

 でも、条件が良ければ意外とよく写るのである。

そっと近づいて撮ってみた
そっと近付いて近くから撮ってみた

 固定フォーカスで近距離だとピントが合わないかなと思ったけど、このくらいの距離(数10cmくらい)ならなんとか平気なようだ。

別の猫がやってきてしばらく対峙やがて別の猫がやってきてしばらく対峙。向こう側にいるヤツの耳が横に倒れてるところを見ると、どうも相手は戦闘モード。この2匹はあまり仲が良くない模様。まあちょっとにらみ合っただけで、その後は何もなかったんだけれども

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART