このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

2008年夏ケータイを選ぶ第3回

お風呂で使えるワンセグケータイも――706iシリーズ

2008年05月27日 22時31分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
会場では生活防水ケータイ「F706i」が水に浸かっていた
会場では生活防水ワンセグケータイ「F706i」が水に浸かっていた

 「FOMA906i」シリーズ(関連記事)に引き続き、ドコモから本日リリースされた「FOMA706」シリーズのラインナップを紹介する。



脈拍測定機能など人にやさしいケータイ

 706では「誰にでも使いやすい」をコンセプトに、聞きやすさや見やすさ、使いやすさを追求した「706ie」シリーズを4機種投入している。

 また、薄さ9.8mmの極薄ワンセグケータイや生活防水機能付きワンセグケータイ、脈拍センサー内蔵携帯電話機など、906iよりも個性的な機種が揃っている。

 GPSは全機種非搭載だが、ワンセグとおサイフケータイ機能はほとんどの機種で搭載している。HSDPAで通信できる「FOMAハイスピード」にも、ほとんどの機種が対応する。

 そのほか海外ローミングサービス「WORLD WING」は全機種で対応しているが、そのほとんどは3G対応エリアのみでの利用となる。GSM対応地域で使える機種は少ない。



ワンタッチキー搭載の「L706ie」

L706ie
L706ie

 ディスプレーの下に4つの「ワンタッチキー」を搭載。うち3つには電話帳の登録先を、1つにはアラームやスケジュール帳などを登録して、ワンボタンで呼び出せる。キーは丸くふくらみを持たせた「ドーム形状」により、押しやすいという。

 国際ローミングサービス「WORLD WING」では3GとGSMに対応する。ワンセグは非搭載でおサイフケータイにも非対応となる。

 ディスプレーは2.4インチ(240×320ドット)を採用。カラーはピンク、ホワイト、ゴールドの3種類で8月発売予定。



歩数計内蔵の「N706ie」

N706ie
N706ie

 メニューの全階層で大きめのフォントを採用し、サブディスプレーは1.6インチの大型のものを採用するなど、見やすさにこだわっている。また、ヒンジ横のボタンを押すことで、ディスプレーがワンタッチで開く機構を採用するのも特徴だ。

 ワンセグを内蔵するほか歩数系も搭載しており、消費カロリーの計算も可能。省電力設計と大容量バッテリーにより、連続待受時間650時間、連続通話時間240分というFOMA最長クラスの電池寿命を達成している。

 ディスプレーは3インチ(240×427ドット)で、カラーはTruffle Brown、Shell White、Chianti Redの3色。発売は8~9月の予定。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン