このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

2008年夏ケータイを選ぶ第4回

触って分かった!ドコモの新機種――706i編

2008年05月28日 18時46分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)NTTドコモが27日に発表した携帯電話機の夏モデル。前回の906i編に続き、実際に触ってみて分かった706iシリーズの特徴などをお伝えしよう。



デザイン重視のコンパクトモデル4機種


 全体にスリムでコンパクトな706iシリーズには、デザインや見た目を追求したモデルが全11機種のうち4機種ほどある。ワンセグ搭載で国内最薄の「P706iμ」は約9.8mmと圧倒的な薄さが魅力。「NM706i」は夏モデルでもっともコンパクトだが、パソコンとの同期やBluetoothにも対応するなどツウ好みのストレート端末となっている。

 インテリアともマッチしそうな落ち着いたデザインの「N706i」は、大画面でワンセグが観られたり、国際ローミングにも対応するなど見た目に反して高機能。「SO706i」はオプションパネルを着せ替えて楽しめる。



極薄ワンセグケータイ「P706iμ」


P706iμ 1
現行のP705iμとまったく同じサイズにワンセグを搭載した。わずか9.8mmのボディーにワンセグのアンテナまで内蔵し、見た目も美しい
P706iμ 2
鏡面とヘアライン加工で仕上げられた背面のステンレス素材は、高級感を演出するだけでなく、極薄ボディーの強度確保にも重要な役割を果たしている
P706iμ 3 人気デザインユニット「TGB design.」とのコラボレーションによるインターフェイスデザインは動きのあるものに一新された。待受画面やメニューのデザインは本体色ごとに異なるものが標準搭載されている3

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン