このページの本文へ

DIGITAL COWBOY「MOVIE COWBOY」(型番:DC-MC25U2)

セパレートタイプに進化した2.5インチ版MOVIE COWBOY

2008年05月23日 22時30分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DIGITAL COWBOY(ハンファ・ジャパン)から2.5インチHDDを内蔵可能なネットワーク対応メディアプレーヤー「MOVIE COWBOY」(型番:DC-MC25U2)が登場した。

DC-MC25U2 2.5インチHDDを内蔵可能なDIGITAL COWBOY(ハンファ・ジャパン)製ネットワーク対応メディアプレーヤー「MOVIE COWBOY」(型番:DC-MC25U2)

 2.5インチHDDを使用する「MOVIE COWBOY」としては2世代目となる本製品。従来モデルでは、2.5インチHDDケース自体にデコードチップなどを搭載し、 単独でHDD内の保存したファイルの再生が可能であっが、今回からは2.5インチHDDを収納するカートリッジとデコードチップを搭載するクレイドルのセパレート式に変更されている。例えば、クレイドルを大画面テレビなどに接続しておき、カートリッジのみをPCのある部屋へ持ち運びファイルの入れ替えなどを行なう場合など、いちいちテレビとのケーブルの着脱などしなくて済み便利そうだ。

特徴 仕様
デコードチップはSIGMA DESIGNS社製「EM8621L」を採用し、従来の対応ファイルに加えWMV9 及びWMV HD/MPEG-2TS/DivX HDの再生に対応したのが特徴

 デコードチップには、SIGMA DESIGNS社製「EM8621L」を採用し、従来の対応ファイルに加えMPEG-1/2/4/WMV9 及びWMV HD/MPEG-2TS/DivX HDの再生に対応したのが特徴。なお、対応する動画のフォーマットを列挙すると、MPEG-1/2/DVD-Video/MPEG-4(MS-MPEG4 V3, DivX, XviD)/WMV9/WMV9(VCM)/WMV HDで、拡張子はAVI/ASF/DIVX/WMV/TS/MPG/MPEG/M2P/ISO/IFO/VOB/M2TS、ビットレートがMPEG-1/2は最高25Mbps、MPEG-4が最高10Mbps、WMV9は最高10Mbpsとなっている。主な仕様だが、本体サイズは、カートリッジ部が76(W)×126(D)×18(H)mm、クレイドル部は128(W)×110(D)×98(H)mm。インターフェイスはUSB2.0。映像出力はHDMI×1、コンポジット×1、コンポーネント×1、音声出力がOPTICAL×1、COAXIAL×1、ステレオアナログ音声出力(RCA)×1。対応OSはWindows Vista(32bit)/XP(SP2以降)/2000(SP4以降)。価格はクレバリーインターネット館で2万3598円となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中