このページの本文へ

メーカー選別のOC版CPUが付属するLGA 775マザーASRock「2Core1333-2.66G」販売開始!

2007年08月28日 20時30分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先週お伝えしたメーカー選別のOC版CPUが付属するASRock製LGA 775対応マザーボード「2Core1333-2.66G」が販売開始された。

ASRock「2Core1333-2.66G」メーカー選別のOC版CPUが付属するASRock製LGA 775対応マザーボード「2Core1333-2.66G」

 本製品は、LGA 775対応マザーボードにCPUがセットになったもので、付属のCPUはメーカが選別したOC版のCPUという点が特徴だ。なお、付属CPUについての詳細なスペックなどの告知は全てのショップ行なっておらず不明。先週のリリースの資料によれば、「Core 2 Duo E4500」(FSB800MHz/2.2GHz)よりも高速と記載されているのみ。

付属CPUについては不明 付属CPUについては不明
付属CPUについての詳細なスペックなどの告知は全てのショップ行なっておらず不明。先週のリリースの資料によれば、「Core 2 Duo E4500」(FSB800MHz/2.2GHz)よりも高速と記載されているのみ

 ただ、アキバ界隈の噂では、『「Core 2 Duo E4500」(FSB800MHz/2.2GHz)より速く、FSB1333MHz/2.66GHzのスペックをたたき出すということはOC耐性が比較的強いといわれている“E2140”あたりをOCしているのでは!?』という話だ。
 噂のほどは定かではないが、先週のアキセスランキングでも上位にランクインするほど反響があったことからも人気のマザーボードとなる可能性は大といえそうだ。
 主な仕様は、チップセットが“i945GC”+“ICH7”を採用。フォームファクタはMicro ATX。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2でDDR2 DIMM×4(DDR2-667/533、4GBまで)。オンボードインターフェイスにはVGAや8chサウンド(Realtek/ALC888)、USB2.0、100/10Base-TXイーサネット(Realtek/8101E)、Serial ATA×4、ATA100×1などを搭載する。価格はアークで2万2780円、パソコンハウス東映で2万2980円、高速電脳で2万3800円となっている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社