このページの本文へ

“誰でも簡単に”を追求したインテリジェントオートを搭載

松下電器産業、LUMIX新製品の発表会を開催

2007年07月24日 21時51分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

既報のとおり、松下電器産業は24日、デジタルカメラ“LUMIX”(ルミックス)の新製品として、コンパクトカメラ『DMC-FX33』『DMC-FX55』とコンパクト高倍率ズームモデル『DMC-FZ18』の3機種を発表した。同日、東京都江東区有明にあるパナソニックセンター東京で開催された新製品説明会では、新製品で最大の特徴である“インテリジェントオート”機能のデモなどが披露された。なお、各製品の仕様や価格については、関連記事を参照のこと。

LUMIX『DMC-FX33』
広角28mm相当のレンズを備えながら、厚さ22mmを実現したLUMIX『DMC-FX33』

発表会の冒頭で、デジタルカメラの市況について述べた同社パナソニックマーケティング本部 商品企画グループ チームリーダーの品田正弘氏は、デジタルカメラ購入者の7割が“買い換え・買い増し”となっており、ユーザー層の多様化が進んでいると分析した。そのうえで同社は、ターゲットユーザーを絞った製品展開と提案を進めることで、コンパクトデジカメ市場のシェアで1位を獲得したと述べた。

品田 正弘氏 デジタルカメラ購入者層の調査
松下電器産業 パナソニックマーケティング本部 商品企画グループ チームリーダーの品田 正弘氏デジタルカメラ購入者層の調査。買い換え・買い増しユーザーが7割を占めるほか、女性や年配の購入者も増加している

一方で品田氏は、ユーザーが多様化しカメラに対する不満や要望も多様化したとはいえ、“誰もが失敗のない写真を撮ること”は依然として重要であるとも述べる。新製品が共通で搭載する新機能“インテリジェントオート”(iA)は、まさにそのための機能である。

FX33の液晶ディスプレーを3インチに大型化した『DMC-FX55』 FX33の液晶ディスプレー(2.5インチ)を3インチに大型化した『DMC-FX55』

新製品の特徴を説明したパナソニックAVCネットワークス社 DSCビジネスユニット グループマネージャーの房 忍(ふさ しのぶ)氏は、インテリジェントオート実装の経緯について説明した。それによると、従来のデジカメの“オート”設定では、暗所やマクロ撮影など多様な被写体をきれいに写すのが難しかった。そのため多くの“シーンモード”を搭載して対応したものの、シーンモード自体が増えすぎて適切なモードを選ぶのが難しくなったり、モード変更を忘れて撮影に失敗するという新たな問題が出てきたという。そこでカメラ側が被写体の要素(顔、動き、明るさ、距離)を判別して、自動で適切なシーンモードに切り替えるというのが、インテリジェントオートの特徴であるという。

インテリジェントオートの5つのシーンモード インテリジェントオートの5つのシーンモード。ユーザーが意識することなく、自動で切り替えてくれる

インテリジェントオートでは、被写体を認識して以下の5つのモードを自動的に切り替える。

人物
被写体の顔を認識して、フォーカス、ホワイトバランス、露出などを調整。最大15人までの顔を認識可能
夜景&人物
夜景の中の人物を撮る際に、人物と夜景を共に美しく撮る。顔認識で人物を捕らえつつ、フラッシュのスローシンクロを行なって夜景も明るく写す
風景
手前から奥までポイントのあった風景撮影を行なう
マクロ
被写体との距離を認識して、非常に接近した撮影でもフォーカスを正確に合わせる
標準(動き認識)
動き認識を利用して、動物や子供など動き回る被写体をぶれずに撮る

実機を用いたデモでは、インテリジェントオートに設定されたカメラから撮影者が離れた状態で、人物の数や位置を変えたり、被写体を接近させたりして、撮影モードが自動で切り替わる様子が披露された。顔認識機能の追従は早く、また多少斜めでも認識するなど、同社製品では顔認識機能を初めて実装した製品のわりに、実用性は高い。

インテリジェントオートのデモ インテリジェントオートのデモ。浴衣の女性が風景を模したパネルの前に立つと……
自動で左上のシーンモードが“人物”に切り替わる 被写体となる人物が増えてもきちんと認識している
自動で左上のシーンモード(赤いアイコン)が“人物”に切り替わる。顔認識も行なわれている被写体となる人物が増えてもきちんと認識している。2人が移動しても、それぞれ追従して認識し続けた
今度は花を近づけてみると…… 左上のモードがマクロの切り替わる
インテリジェントオートのままで、今度は花を近づけてみると……左上のモードがマクロの切り替わり、レンズの直前の花にピントが合う
暗い発表会場を夜景に見立てた“夜景+人物”のデモ撮影。“人物”のシーンモードで同じ構図を撮ると、背景は暗くつぶれてしまうところが、インテリジェントオートでは中央の被写体が明るく写るのはもちろんのこと、背景の観衆もきちんと写っている。

また、“コンパクト高倍率ズームモデル”を標榜するDMC-FZ18は、広角28mm相当の広角撮影から、記録画素数を落として画質劣化のない高倍率ズームを行なう“EX光学ズーム”による最大28.7倍(35mm判換算でなんと803mm!)のズームを備える。デジタル一眼レフカメラでは複数のレンズを使い回して実現する機能を1台で行なえるということで、房氏はこれを評して、「最強の運動会カメラ」であると述べた。

光学18倍ズームだけでなく、EX光学ズームなら最大28.7倍のズームが可能になった『DMC-FZ18』
『DMC-FZ18』 『DMC-FZ18』
広角から超望遠までを1台でこなせ、インテリジェントオートによる動き補正も備えるなど、デジタル一眼レフ顔負けの機能を誇る 広角から超望遠までを1台でこなせ、インテリジェントオートによる動き補正も備えるなど、デジタル一眼レフ顔負けの機能を誇る

本日発表の新製品の発売日は8月25日。予想実売価格はDMC-FX33が4万3000円前後、DMC-FX55が4万5000円前後。DMC-FZ18が5万5000円前後。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART