このページの本文へ

週替わりギークス第22回

超おススメ「TIME LOCKER」に見る新時代スマホゲームのあり方

2017年01月06日 17時15分更新

文● 江渡浩一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この連載は江渡浩一郎、落合陽一、きゅんくん、坂巻匡彦が週替わりでそれぞれの領域について語っていく。今回は江渡浩一郎がスマホ向けゲーム「TIME LOCKER」を紹介します。

©2016 SotaroOtsuka

「TIME LOCKER」のすすめ

 今回は、私がはまっているゲームを紹介する。「TIME LOCKER」だ。

 iOS向けはこちら
 Android向けはこちら

 このゲームは、いわゆるシューティングゲームに分類されるが「自分が止まると世界も止まる」という特長を持っている。

 通常シューティングゲームは、敵が攻撃していく中を反射神経ですり抜けながら先に進んでいかなくてはいけない。つまり、どうしても反射神経が要求される。しかし、このゲームは「自分が動いている間だけ世界の時間が進む」というルールにすることで、攻撃が殺到したときはまず自分が止まることで周囲の状況を確認し、考えながら移動することができる。つまり、まるでストラテジーゲームのように考えながらプレイできるのだ。

 たったこれだけの工夫で、いままでのシューティングゲームにない操作体験を実現することに成功した。

この連載の記事

ようこそ、ASCII倶楽部へ

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!