このページの本文へ

FeliCaが生き残るとは限らない 日本のモバイル決済が変わる日 ― 第17回

Apple Payは本当に普及しているのか?

2016年12月28日 17時00分更新

文● 鈴木淳也(Twitter:@j17sf

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日、「決済の黒船 Apple Pay(日経FinTech選書)」(ISBN-13:978-4822239183)と題した著書を出させていただいた。米国でのApple Pay発表から日本上陸までの奇跡やその背景、そしてそれを取り巻くモバイルマネーの現状などを一通りまとめたビジネス書となっている。ただ、編集部の方針で読者の間口を広くとることを念頭に置いていたこともあり、本来は載せたかった情報や詳細が割愛されてしまったという経緯がある。今回は番外編ということで、連載でこれまで触れてきたNFCとモバイル決済の歴史とは別に、Apple Pay上陸にまつわる取材でのこぼれ話をまとめてみたい。

シリコンバレーの現在の中心地となりつつある米サンフランシスコを上空から眺める

FeliCa対応は実は焦点ではなかった

 今回、9月のAppleのスペシャルイベントでApple Payの日本上陸が発表される直前、発表が見込まれる新型iPhone(iPhone 7)がFeliCa対応するかが大きな話題になっていたと思う。実際、交通系ICカードのSuicaを展開するJR東日本は、スマートフォンでのモバイルSuica対応にはFeliCaチップ搭載が必須であることを公言していたし、日本国内に展開されていたFeliCaインフラの範囲を考えれば、日本で非接触での決済サービスを便利に利用するうえで重要だと考えられていたからだ。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!