このページの本文へ

macOSとiPhoneの連携で書類をスキャンするワザが便利すぎる

2018年11月11日 15時00分更新

文● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 手元にある書類をPDFファイルにしてmacOSに取り込みたい時、スキャナーや専用アプリを使っていませんか?macOS Mojaveの新機能「連携カメラ」を使えば、iPhoneでスキャンした書類ファイルをmacOSに取り込むことができます。

 macOS側でデスクトップ画面で右クリック。メニューが表示されます。

 メニュー内の「iPhoneまたはiPadから読み込む」にカーソルを合わせましょう。連携するデバイスの候補が表示されます。

 今回はiPhoneから書類をスキャンしたいので、iPhoneの項目「書類をスキャン」をクリック。

 デスクトップ上に「連携カメラ」の待機画面が表示されます。同時に、iPhoneの「カメラ」が自動で起動します。

 iPhoneで書類のスキャンを行いましょう。書類をカメラのフレームに合わせて待機。自動スキャンが始まります。

 スキャンが完了したら、画面右下にある「保存」をタップ。

 macOSのデスクトップ上に、スキャンした書類ファイルが保存されました。

 「連携カメラ」を使えば、「iCloudフォトライブラリ」や「AirDrop」を使う手間を省いて、iPhoneからmacOSへファイルを取り込めます。非常に簡単なので、ぜひ試してみてください。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中