このページの本文へ

アップルmacOS使いこなし術第13回

macOSで、ログイン時に自動でアプリを起動する方法

2019年02月10日 09時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 macOSにログインしたあと、「メール」や「Safari」など、決まったアプリを開くユーザーは多いと思います。任意のアプリを自動で起動させる方法を紹介します。

 「環境設定」→「ユーザーとグループ」をクリック。

 「ログイン項目」をクリックしましょう。

 ウインドウ下部にある「+」をクリック。

 ファイル一覧が表示されます。

 一覧の中から、自動で起動させたいアプリを選択してクリック。

 ウインドウ右下の「追加」をクリックしましょう。

 設定完了です。次回ログイン時から、設定したアプリが自動で起動します。毎回同じアプリを立ち上げている方は、ぜひ設定してみてください。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中