このページの本文へ

LR-LINK「LREC9811BT」、「LREC9812BT」

インテル製コントローラー採用の10ギガビットLANカードがLR-LINKから

2018年09月14日 22時47分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LR-LINKから、Intel製コントローラー採用の10ギガビットLANカード「LREC9811BT」「LREC9812BT」が登場した。

インテル製コントローラー採用の10ギガビットLANカード「LREC9811BT」「LREC9812BT」

 発売されたのは、Intel X550AT搭載でシングルポートの「LREC9811BT」とIntel X550AT2搭載でデュアルポートの「LREC9812BT」2モデル。iSCSI及びFCoEに対応。Windows ServerをはじめLinux、FreeBSDなどサーバーOSを幅広くサポートする。

Intel X550AT搭載でシングルポートの「LREC9811BT」Intel X550AT2搭載でデュアルポートの「LREC9812BT」

 インターフェースはPCI Express x4で、基板上にはヒートシンクを装備。標準ではフルハイトだが、付属品にはロープロファイルブラケットも付いている。なお、保証は国内代理店による2年。

 価格が安いのも特徴で「LREC9811BT」が2万4624円、「LREC9812BT」が3万1104円。オリオスペックで販売中だ。

※お詫びと訂正:記事初出時、対応OSの表記に誤りがありました。記事を訂正してお詫びします。(2018年9月16日)

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中