このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析第12回

接尾語から脱却するアップルのトレンド感:

アップルがiPhone Xs Maxなんて名前をつけるだろうか

2018年09月11日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いよいよ9月12日に迫ったアップルのスペシャルイベント。日本時間では9月13日午前2時からアップルのサイトで生中継される予定です。筆者も現地よりツイッター @taromatsumura で模様をお伝えしていく予定です。

 発表会の招待状がプレス向けに出されるタイミングで、9to5macはiPhoneやApple Watchのリーク画像を公開しました。発表会の招待状にあしらわれていたゴールドカラーのiPhone Xとそれより大きなサイズのモデルを掲載しており、新色と大画面モデルが追加されることがうかがえます。

 とはいえiPhone Xのデザインは変更されないこと、デザインとテクノロジーを踏襲する大型化したスマートフォンが登場することも既定路線でした。そのため「まあ分かっていたこと」があらためてリークで確認されたという印象以上のものではありません。

 一方、廉価版と言われているiPhoneの画像は出てきていませんが、699ドルからという価格が指摘されました。この価格はiPhone 8 64GBモデルと同じ価格帯となり、「廉価版」という言葉はあまりそぐわないようにも思います。999ドルだったモデルが699ドルになるから安いというだけなのかもしれません。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン