このページの本文へ

Cooler Master「MASTERBOX TD500L」

Cooler Masterの新作ケースは3Dダイヤモンドカットデザイン

2018年08月30日 23時56分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Cooler Masterから、3Dダイヤモンドカットデザインを採用するミドルタワーPCケース「MASTERBOX TD500L」(型番:MCB-D500L-KANN-S00)が登場した。

3Dダイヤモンドカットデザインを採用するミドルタワーPCケース「MASTERBOX TD500L」

 フロントとサイドにダイヤモンドカットデザインが施されたアクリル製パネルを採用するミドルタワーPCケースの新製品。フロントパネルの両側には吸気用の隙間を設け、デザイン性を損なうことなく冷却性を確保した。

RGBファンを搭載することで、3Dダイヤモンドカットデザインもより映える仕組み

 主なスペックは、ベイ数が3.5インチシャドウ×2、2.5インチシャドウ×2。冷却ファンはフロント120mm×3もしくは140mm×2、リア120mm×1(標準搭載)、トップ120mm×2もしくは140mm×2。

内部はオーソドックスな作り。リア120mmファン×1は標準搭載だがRGBモデルではない

 拡張スロットは7基で、ビデオカードは長さ410mm、CPUクーラーは高さ165mm、電源ユニットは奥行き180mmまで対応。サイズは493(W)×217(D)×468(H)mm。

 価格は7480円(税抜)。パソコン工房 秋葉原 BUYMORE店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中