このページの本文へ

Mastodonのスタートアップスクリプトも提供開始

さくらのVPSが機能強化!IPv6の逆引き設定に対応

2018年08月22日 18時20分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
DNS逆引きレコードを変更する

 さくらインターネットは8月21日、さくらのVPSの新機能として「IPv6逆引き設定」を提供開始した。

 IPv6逆引き設定は、利用中のIPv6アドレスを任意のドメインへ逆引き設定を行なうことができる機能。これにより、IPv6アドレスを利用した正引き/逆引きの一致したサービスが実現できる。設定はコントロールパネルから可能で、料金は無料。

 対象サービスおよびプランは、「さくらのVPS(バージョンv3、バージョンv4)」、「さくらのVPS ベアメタルプラン」、「さくらのVPS for Windows Server」。

 また、さくらのVPSのスタートアップスクリプトにおいてパブリックスクリプト「CentOS_Mastodon」の提供を開始した。Twitterライクな投稿ができるコミュニケーションツール「Mastodon」をセットアップするスクリプト。サーバー作成後にブラウザーからアクセスしてスクリプトをインストールすることでMastodonを利用できる。

 CentOS_Mastodonは標準OS CentOS 7(x86_64)に対応しており、さくらのVPSコントロールパネルより標準OS CentOS 7(x86_64)とCentOS_Mastodonを選択してインストール(設定などに関しては公式ドキュメントを参照のこと)。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!