このページの本文へ

キヤノンが最新エンジン採用の光学40倍コンデジ「PowerShot SX740HS」を発表

2018年07月31日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 キヤノンは7月31日、光学40倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「PowerShot SX740HS」を発表した。価格は4万8500円。

 有効2030万画素の1/2.3型CMOSセンサーを搭載する高倍率ズームモデルで、画像処理エンジンには最新の「DIGIC8」を採用。秒間最大10コマの連写が可能だ。

「PowerShot SX740HS」のブラックモデル
「PowerShot SX740HS」のブラックモデル
本体上面 本体背面
本体上面。左側にポップアップ式のストロボを内蔵する本体背面。モニターは3型(約92万画素)で上方向に180度回転する

 また、新機種は階調補正機能の「オートライティングオプティマイザー」を搭載し、白トビ低減や明るい領域の階調を豊かに表現できる。

 さらに、手ブレ補正機能の効果が従来機の3段分から3.5段分に向上。そして、シーンモードに「料理」が加わったほか、写真の色味を調整できる「スタイル設定」も利用可能だ。

 このほか、動画は4K/30pでの記録が可能となった。

 感度設定はISO 3200までで、背面モニターは上方に180度回転して自撮りの際も画面を確認しながら撮影できる。通信機能は無線LANとBluetooth(BLE)に対応する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン