このページの本文へ

新たにホームIoT用のデバイスも追加

KDDI、au HOMEのGoogle Home連携を強化

2018年07月18日 18時10分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
au HOMEとGoogle Homeとの連携

 KDDIおよび沖縄セルラーは7月18日、IoTサービス「au HOME」においてGoogle Homeとの連携強化などを発表した。

 Google Home向けに新しいコミュニケーション機能を追加し、Google Homeに呼びかけるだけでコミュニケーションを取りたい家族のau HOMEアプリへ通知を送ることが可能となる。

 また、これまでau HOMEが対応するスマートスピーカーはGoogle HOMEのみだったが、GoogleアシスタントやAmazon Alexa(echo、echo dotなど)に対応したスマートスピーカーでも利用可能となった。

追加されるau HOMEデバイス

 このほか、au HOMEデバイス間の連携が可能とする「シーン設定機能」が追加され、ドアが開閉したことを検知してエアコンや照明を点ける/消すなどができるようになるほか、au HOMEデバイスとしてドアの開閉センサーや各種センサーのカラーバリエーション、ネットワークカメラ、コンセントと機器の間に挿し込んで消費電力を計測するスマートプラグなどが追加された。

カテゴリートップへ

ピックアップ