このページの本文へ

KDDIが日光でIoTを活用した訪日旅行者向け実証実験を開始

2018年03月29日 14時00分更新

文● 南田ゴウ/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIが4月1日から5月31日まで、日光市表参道鉢石会と協力して実施するスマートデバイスを活用したインバウンド(訪日旅行者)受け入れ環境構築のトライアルは、auとソラコムが共同開発したIoT向け回線サービス「KDDI IoT コネクト Air」を活用することで、日光市表参道鉢石会に加盟する10店舗にタブレットを設置し、クレジットカードやAlipay決済、他言語通訳・翻訳サービスを提供するもの。

 また、小売店での環境構築に加えて実証実験によるスマートデバイスでの決済可能店舗や観光情報を検索できる「商店街マップ」をスマホやタブレット、PC向けに提供する。

クレジットカード決済イメージ「商店街マップ」イメージ

【実施期間】2018年4月1日(日)~2018年5月31日(木)
【実施場所】日光市鉢石商店街加盟の10店舗
 ●あさやレストハウス ●着物レンタル・販売 うたかた-UTAKATA-
 ●グルメやまなか ●ステーキハウスみはし ●日光人形焼 みしまや
 ●日光プリン亭 ●日光 季の遊 ●fudan 懐石 和み茶屋
 ●三ツ山羊羹本舗 ●吉田屋酒店
【利用方法】
決済:トライアル加盟店舗での決済時にクレジットカード、Alipay利用の意向を伝える
商店街マップ:ホームページ(4月1日オープン)で公開

 KDDIはトライアルを通じてキャッシュレス決済や多言語翻訳・通訳サービスの環境構築および提供を目指して検討、検証を進めていく方針。


■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ