このページの本文へ

MSI「X470 GAMING PRO」

X470チップセット採用のお買い得系マザーボード

2018年07月07日 23時11分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIから、X470チップセットを搭載したSocket AM4対応マザーボード「X470 GAMING PRO」が発売された。同チップ採用モデルとしては安価な、価格1万4980円(税抜)で販売中だ。

X470チップセットを搭載したSocket AM4対応マザーボード「X470 GAMING PRO」

 4月に発売された「PERFORMANCE GAMING」シリーズの人気モデル「X470 GAMING PRO CARBON」の下位モデル。電源回路設計を最適化することで、CPUに安定した電力を素早く供給できる「Core Boost」のほか、CPU電源には8+4ピンコネクターを採用。安定したオーバークロック動作を実現する。

PERFORMANCE GAMING」シリーズの廉価版にあたるモデルで価格1万4980円(税抜)とX470採用品としては安い

 基板背面には、RGB LEDを搭載7色/7パターンのLED発光機能「Mystic Light RGB」を搭載。そのほか、スタジオクラスの高音質を実現する「Audio Boost」機能、StoreMI をより有効に活用できるPCI Express 3.0 x4接続のTurbo M.2 スロットとPCI Express 2.0x4 接続のM.2 スロットを搭載するのも特徴だ。

M.2 スロットは2基。上位モデルと比べると専用ヒートシンクが省略されている

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×2、PCI Express(2.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(2.0) x1×3。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-3466(OC)/3200(OC)/3066(OC)/3000(OC)/2933/2800/2667/2400/2133、最大64GB)という構成。

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek/8111H)や8CH HDサウンド、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.1×2(Type-A)、USB 3.0×8、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力はDisplayPort 1.2とHDMI 1.4b。

 ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中