このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第21回

台湾アナリストが予測:

アップル新iPhone 価格は799ドルから?

2018年07月09日 16時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
左がiPhone 8 Plus。

 アップルが今年発売する新型iPhoneのうち、「安いiPhone」と呼ばれている6.1インチの液晶ディスプレーモデルの価格は799ドルからになる。Fubon Securities Co(富邦證券)のアナリストが予測を発表した。

 アナリストはサプライチェーンを調査した結果として、台湾のホンハイ(鴻海精密工業)とペガトロンがiPhoneの組み立て(製造)をすると報告。これまで組み立ての一部を受注していたウィストロンは今年は外れる見込みだという。

 また、液晶ディスプレーモデルの製造にはiPhone 8 Plusとほぼ同じ素材が使用され、価格は799ドルからになるとの見積もりをアナリストは伝えている。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中