このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 ― 第3回

アップルストアの閉店・改装が世界中で相次いでいるワケ

2018年07月10日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルの新製品を見に行ったり、アクセサリを探したり、製品の修理やサポートを受けたり。iPhoneやMacなどを使っている人にとって、Apple Storeは駆け込み寺であり、また用がなくても立ち寄ってみたい場所となっています。

 日本では、銀座の1号店を皮切りに、東京に合計4店舗、日本全国には8店舗が展開されています。このうち渋谷店は現在一時的に閉店中と案内されており、かつて存在していた札幌店はアップルの小売店のリストから完全に消えてしまいました。

 また、伊勢丹新宿店にはApple Watch専門ブティックがありましたが、2018年4月にApple Store新宿店がオープンしてその役割を終えました。

 アップルは年内に、日本国内で新たに2店舗を開店することをアナウンスしました。日本でも小売店は着実に強化されています。夏には京都にオープンするとうわさされており、残りのもう1店舗は川崎になりそう。いずれも、それらしき商業施設のスペースが確保されていることが、ツイッターなどで話題になっています。

 Apple Store出店強化、そして改装は、世界中で展開されています。先進国の主要都市で印象的なデザインを持つ店舗が作られ、また韓国やオーストリアなど、Apple Store初出店も目立ちます。

 これらの取り組みは、どこへ向かっていくのでしょうか。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン