このページの本文へ

白州12年は5万円、響17年は7万9800円:

サントリー「白州12年」「響17年」高額に 販売休止で

2018年05月17日 10時30分更新

文● G. Raymond

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サントリースピリッツの国産ウイスキー「白州12年」「響17年」が値上がりしている。Amazonでは白州12年(希望小売価格8500円)が5万円、響17年(同1万2000円)が7万9800円。オークションサイトでは1本約3万円の入札がある。

 同社が今月15日、白州12年を6月ごろ、響17年を9月ごろ販売休止にすると明らかにしたのが背景。ウイスキー人気の高まりで原酒が不足したため。購入者のコメントは「値段の吊り上げは財布に痛いが、2万円までなら手に入れたい」など。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン