このページの本文へ

CENTURY「裸族の二刀流」

「決闘の日」に発売された一つ二役の「裸族の二刀流」が便利そう

2018年04月13日 23時41分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 センチュリーから、一つ二役という裸族シリーズの製品が発売された。外付けケースとHDDクレードルの機能が一体化した「裸族の二刀流」(型番:CRN25U3BS6G)だ。

外付けケースとHDDクレードルの機能が一体化。一つ二役という「裸族の二刀流」

 通常時(持ち運び時)は、2.5インチHDD/SSDはもちろん、ケーブルも一緒に簡単保管・収納できる外付けケース。裸族のお立ち台(HDDクレードル)として利用する際には、本体にHDD/SSDを挿入するだけ。するとケースがジャンプアップし、USB3.0インターフェースが現れるという構造。

本体にHDD/SSDを挿入するだけでHDDクレードルにチェンジする。ちなみに発売された4月13日(旧暦)は巌流島で宮本武蔵と佐々木小次郎が戦った「決闘の日」だ

 搭載可能なドライブは9.5mm厚まで。サイズは123(W)×86(D)×32(H)mm、重量約165g。価格は2400円。パソコンショップアーク、テクノハウス東映、東映ランドで販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中