このページの本文へ

メルカリお得情報局 スマホで簡単安心フリマ生活第27回

不審に思ったら受取評価はせずに問い合わせを

メルカリのトラブル10選と対処法・回避法

2018年03月13日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「メルカリを使い始めてみたいけれど、フリマアプリってどう使えばいいんだろう……?」そんな悩みに毎週2回お答えするのがこの連載。SNSの最新情報・若者動向を追い続けるITジャーナリストの高橋暁子さんが、規約変更で安心・手軽になったメルカリのTIPSやお得なお知らせをやさしくお伝えします。

大人気フリマアプリのメルカリを楽しく安心して使う方法を毎週2回お届けします

Q:メルカリのトラブルについて教えて!
A:代表的な10選について知っておきましょう

 メルカリのトラブルにはどのようなものがあるのだろうか。典型的なパターンと、万が一遭ってしまったときの対処法、そしてトラブルに遭わないための回避法についてご紹介していきたい。

1)購入した商品が届かない
 「発送までの日数」を3日過ぎても発送されず、出品者からのメッセージも3日以上ない場合、キャンセルできる。すでに支払いが終わっていても、キャンセル手続きの後返金される(参考)。

2)商品代金の支払いがない
 購入者にメッセージで支払いを依頼しよう。それでも支払いがない場合は、購入手続きから翌々日の24時を経過すればキャンセルと購入者の通報ができる(参考)。

3)受取評価をしてもらえない
 メルカリでは「受取評価」をされないとお金の振込みがされないが、この大切な受取評価をしてもらえないトラブルも起きる。まず、購入者に「商品はいかがでしたか。受取評価をお願いいたします」などのメッセージを送ろう。それでも評価がない場合は、運営会社に問い合わせをしよう(参考1参考2)。

4)独自ルール関連トラブル
 メルカリでは様々な独自ルールが存在する。「取り置きしてほしいと言われた」「専用ページを作ったのに購入しない」「横取り禁止と書いてあるのに横取りされた」「プロフ必読なのに読まずに購入してきた」など、独自ルールがらみのトラブルは多い。

 取り置きなどには対応しないようにしたり、横取り禁止のものは買わないようにしたり、プロフィールは必ず読むなどすることでトラブルは避けられるだろう。独自ルールについては、この記事で復習してほしい。

5)返品・キャンセルしたい
 基本的にメルカリでは、自己都合の返品・キャンセルはできない。ただし商品が動かないなどの重大な不具合があったり、申告していたより状態が著しく悪いなどの先方に問題がある場合は、まず先方にメッセージで問い合わせをし、返品・返金に向けて話し合いをしよう。「ノークレーム・ノーリターン」とあってもその必要はない。その際、受取評価は絶対にしないこと。その後、運営会社に問い合わせをすることで返金などの対応してもらえるだろう(参考)。

6)嫌がらせ・荒らし行為をされた
 対象商品ページの「不適切な商品の報告」または「コメントの報告」から運営会社に報告しよう。運営会社が不適切と判断したものは、該当コメントを非公開等にしてもらえる。

7)偽ブランド品・模倣品・レプリカだった
 偽ブランド品・模倣品・レプリカを販売する行為は禁止されているだけでなく法律に違反する行為であり、懲役10年以下、罰金1000万円以下の刑罰が科せられる可能性がある。

 まず先方にお問い合わせをし、返品・返金に向けて話し合いをしよう。受取評価は絶対にしないこと。その後、運営会社に問い合わせをすることで対応してもらえるだろう。

8)盗難品を見つけた
 盗難品を出品・販売したり、商品が盗難品であることを知りながら購入すると、法律で処罰されてしまう。盗難品を見つけた場合は、商品ページの右側のボタンから「商品の報告」をしよう。

9)著作権侵害された
 著作権侵害した商品を出品することは、法律に違反する行為であり、懲役10年以下、罰金1000万円以下の刑罰が科せられる可能性がある。たとえばメルカリチャンネルで著作権を侵害するライブ配信があった場合は、「お問い合わせ」から連絡することで対処してもらえる。

10)その他トラブルで困ったら……
 人と人との直接のやり取りなので、トラブルになることはある。これまでに挙げた以外のトラブルで困ったら、「メルカリボックス」で似たようなトラブルについて探したり、質問するのがお勧めだ。本当に困ったら、運営会社に問い合わせをするといいだろう(参考)。

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、監修、講演などを 手がける。SNSや情報リテラシー教育に詳しい。『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎)、『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)、『できるゼロからはじめるLINE超入門』(インプレス)など著作多数。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディア出演も多い。公式サイトはhttp://akiakatsuki.com/、Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン