このページの本文へ

パソコンの外付けドライブにもテレビの録画にも活用

アイ・オー・データ、コンパクトな外付けHDD「HDCZ-UT」シリーズ

2018年03月07日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ブラックとホワイトの2カラー(6TBモデルはブラックのみとなる)

 アイ・オー・データ機器は3月7日、コンパクトな外付けHDD「HDCZ-UT」シリーズを発表。3月下旬に発売する。

 1TB/2TB/3TB/4TB/6TBの5モデルを用意。インターフェースはUSB 3.1(Gen1)/USB 2.0、パソコンの外付けドライブとしても利用できるほか、テレビやレコーダーなどに接続して録画にも利用できる。とくにテレビ録画は家電メーカー25社の700機種以上に対応。メーカーとともに動作確認も行なっているため安心して利用可能。

前面および背面 

 横置き/縦置きに対応し、本体サイズはおよそ幅35×奥行き172×高さ116mm(縦置き時:ゴム足を含む)、重量はおよそ610~880g(容量によって異なる)。価格は1万3176円(1TB)~4万8276円(6TB)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン