このページの本文へ

さくら、福岡地所のビル関連データの取得・公開を3月から開始

2018年02月08日 18時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
人流センサー設置箇所(現場写真)取得データの様子

 さくらインターネットは2月8日、福岡地所が管理する物件にてビル関連データの取得・公開を3月から1年間(予定)実施すると発表した。

 本取り組みはデータ分析と活用により効率的な都市運営やビル利用を図るスマートシティー・スマートビルの実現を目指して自治体や公共機関、民間業者が保持するデータを組みあわせ、オープンに活用できるようにするためのデータ流通システムの実証実験の一環。

 今回、福岡地所が管理するキャナルシティ博多内において、移動人数や人の動線などを計測するセンサーを設置し、取得した人流計測データを公開する。まずは共用通路における人流計測データ公開から始めてビル管理システムの各種データに対象を拡張し、将来的には対象となるビルを増やしていくという。

 センサーの設置および取得したデータの公開などは、さくらインターネットの組織内研究所であるさくらインターネット研究所が実行する。

 公開したビル関連データをデータ流通基盤上で分析・活用することにより、周辺ビルを含めた地域で人流・物流計測データを活用した建築設計計画、販売促進や物流効率、ならびにエネルギー利用効率の改善などが期待できるという。

 また、実際の現場データをもとにデータ流通基盤を運用・利用することで得た知見やノウハウを関係団体にフィードバックをしていくことで、スマートシティー・スマートビル実現に貢献できるとしている。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!