このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情第443回

謎のコードネームCascade Lake-Xの正体は? インテル CPUロードマップ

2018年01月29日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Spectre/Meltdownの脆弱性対策の余波は今もインテルを揺さぶっている。インテルはSpectre/Meltdownの脆弱性をCPUの側で解消するためのファームウェアアップデートをリリースしたものの、これを当てると古いCPU(Broadwell/Haswell)でリブートが起きる不具合が発生。

 インテルはこれを公式に認め、22日に問題点を突き止めたことを明らかにしたが、現時点で修正されたファームウェアアップデートはまだ公開されていない。

 問題がアーキテクチャーの根幹に関わる部分なので、当然修正をかけると余波は大きいわけで、それなりに慎重に対策を行なう必要があるから、多少時間がかかるのは致し方ないところであろう。

 それはともかくとして、今回はインテルCPUのロードマップアップデートである。前回のロードマップはCannon Lakeが延期になったあたりまでだったので、そこからの3ヵ月のアップデートをまず説明しよう。

2016年~2018年のインテルCPUのロードマップ

Apollo Lakeの後継にあたる
Gemini Lakeが発売

 まずはGemini Lake。2018年にずれ込むと思ったのだが、2017年12月に発売となった。ラインナップはPentium Silverが2製品、Celeronが4製品で、半分がデスクトップ向け、半分がモバイル向けである。

Pentium Silver

 ロードマップにはデスクトップ向けの3製品を入れてあるが、基本的には3次キャッシュのサイズが4MBになり、DDR4に正式対応したほか、ベースクロックは据え置きながらバーストクロックが若干あがった(例えばPentium J4205→Pentium J5005だと2.60GHz→2.8GHzになった)程度が主な違いである。

 内蔵するGPUも基本的には一緒だ。型番はIntel HD Graphics 500シリーズからIntel HD 600シリーズになったが、EU数やGPUクロックも変わらないので、性能としてはほとんどど変わらないと思われる。

 TDPも10Wに据え置きのままであり、プロセスが変わらず、TDPも内部アーキテクチャーも変わらないという状況でクロックを引き上げるのはきわめて困難な技であり、DDR4をサポートしたのが最大の違いというあたりだろう。

 このGemini LakeシリーズはPentiumおよびCeleronの下位グレード向けに2018年一杯提供されるのは間違いない。2019年以降はそもそもこのラインナップを継続するのか否かのレベルで不明である。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン