このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第220回

NZXTの魅せるMini-ITXケースに惚れた! 「H200i」を徹底チェック

2017年12月22日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイド強化ガラスパネルはもちろん、OS上からファンとLEDコントロールが可能なスマートデバイスなど、魅力あるギミックをいろいろと備える新型PCケースの「NEW H」シリーズがNZXTから登場。なかでも注目なのが、魅せるPCケースでは選択肢があまりないMini-ITX向けの「H200i」だ。

NZXTの新型PCケース「H200i」。Mini-ITXで組む魅せるPCにベストだ。実売価格は2万円前後

 「H200i」は、ひと足先に登場したミドルタワータイプの「H700i」(実売価格3万円前後)の本体サイズを幅210×奥行き49×高さ372mmに縮めた感じだ。

 「H700i」が備えていた左サイドの強化ガラスパネルや左サイド上部のRGB LEDバー、ファンコントローラーとLEDコントローラーを兼ねるスマートデバイス、PC自作初心者でもケーブル配線を奇麗にまとめられケーブルガイド、シンプルなフロントデザインといった特徴は継承している。

 ここでは、ハイエンドな魅せるMini-ITX自作の2018年定番ケースに十分推せる魅力を持っている「H200i」を、じっくりチェックしていこう。

NZXTの新型魅せる系PCケースとなるNEW Hシリーズは3つの規格をラインアップ。ちなみに、海外ではレッドやブルーモデルも用意。是非とも国内登場に期待したい
NZXT H700iのスペック
カラーバリエーション ブラック(CA-H700W-BB)、ホワイト(CA-H700W-WB)
規格 E-ATX、ATX、Micro ATX、Mini-ITX
サイズ 230(W)×494(D)×516(H)mm
フロントインターフェース USB 2.0×2、USB 3.1 Gen1×2、Audio/Mic×1
ドライブベイ 3.5インチシャドウベイ×3、2.5インチシャドウベイ×7
ファンスペース フロント:140mm×2または120mm×3(AER F120×3基搭載済み)、トップ:140mm×2または120mm×3、リア:140mm×1または120mm×1(AER F140×1基搭載済み)
スマートデバイス ファン制御:3ch ファン×3(各ch最大10W)、LED制御:1ch NZXT製LEDストリップ×4またはAER RGB×5
クリアランス CPU全高185mmまで、ボード長413mmまで
NZXT H400iのスペック
カラーバリエーション ブラック(CA-H400W-BB)、ホワイト(CA-H400W-WB)
規格 Micro ATX、Mini-ITX
サイズ 210(W)×417(D)×421(H)mm
フロントインターフェース USB 3.1 Gen1×2、Audio/Mic×1
ドライブベイ 3.5インチシャドウベイ×1、2.5インチシャドウベイ×4(内ひとつは3.5インチと排他)
ファンスペース フロント:140mm×2または120mm×2(AER F120×2基搭載済み)、トップ:140mm×2、リア:120mm×1(AER F120×1基搭載済み)
スマートデバイス ファン制御:3ch ファン×3(各ch最大10W)、LED制御:1ch NZXT製LEDストリップ×4またはAER RGB×5
クリアランス CPU全高164mmまで、ボード長411mmまで
NZXT H200iのスペック
カラーバリエーション ブラック(CA-H200W-BB)、ホワイト(CA-H200W-WB)
規格 Mini-ITX
サイズ 210(W)×349(D)×372(H)mm
フロントインターフェース USB 3.1 Gen1×2、Audio/Mic×1
ドライブベイ 3.5インチシャドウベイ×1、2.5インチシャドウベイ×4(内ひとつは3.5インチと排他)
ファンスペース フロント:140mm×2または120mm×2、トップ:120mm×1(AER F120×1基搭載済み)、リア:120mm×1(AER F120×1基搭載済み)
スマートデバイス ファン制御:3ch ファン×3(各ch最大10W)、LED制御:1ch NZXT製LEDストリップ×4またはAER RGB×5
クリアランス CPU全高165mmまで、ボード長325mmまで

H200iの各部をじっくりチェック

 ここからは、「H200i」のホワイトモデルとなる「CA-H200W-WB」を写真でじっくりと見ていこう。なお、ビデオカードを固定するネジの表面コーティングが異なるだけだが、撮影に使用した「CA-H200W-WB」は発売前のサンプル品になる。

広い内部スペースを備え、ハイエンドビデオカードやオールインワン水冷の搭載が可能になっているシンプルなフロントデザインを採用。インターフェースはフロントトップに備え、電源ボタンにはホワイトLEDを内蔵
トップには、最大1200rpm(+200rpm)の「AER F120」を標準搭載リアにも「AER F120」を装備。フロントにはファンを装備していないので、デフォルトでは排気重視の仕様になっている
左サイドは強化ガラスパネルを採用し、強化ガラスの隅はブラックで塗装されている強化ガラスパネルの固定ネジ。ネジはクッション材で覆われている

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中