このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第9回

「Microsoft Connect 2017」新発表にキャッチアップ、DB・IoT・AI編

“インテリジェントエッジ”を実現する「Azure IoT Edge」、機械翻訳のオンプレ版が利用可能に

2017年11月24日 12時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今週の「週刊アジュール」は「Microsoft Connect 2017」で発表されたAzureのアップデートを前後編で紹介します。前編は、データベース、IoT、AI関連の新発表をまとめました。

Microsoft Connect 2017開催

 11月15日から17日に、米国ニューヨークで開発者カンファレンス「Microsoft Connect 2017」が開催され、数多くの発表が行われました。基調講演やブレークアウトセッションは、オンラインで視聴できるので、是非チェックしてみてください。

 詳細は、Microsoft Connect 2017のイベントページChannel 9のページをご覧ください。また、Microsoft Connect 2017でのアップデートの概要については、次のプレスリリース、ブログポストをご覧ください。

 Microsoft Connect 2017のアップデートが多いので、今週は前後編に2回に分けてお送りします。この前編では、データベース、IoT、AI関連サービスのアップデートを紹介します。後編では、アプリケーションプラットフォーム、IaaS関連のアップデートを紹介します。

 まず、データベース関連サービスのアップデートを紹介していきます。

Azure Cosmos DB:Cassandra API、99.999% SLAなど

 Azure Cosmos DBは、複数のデータモデル/APIをサポートしたグローバル分散型のNoSQLデータベースサービスです。

 今回、新しいデータモデル/APIとして、Apache Cassandra APIのプレビューがリリースされました。これによって、既存のCassandraデータベースをAzure Cosmos DBに移行し、既存のCassandra向けアプリケーションの接続先をAzure Cosmos DBに変更するだけで、Azure Cosmos DBをフルマネージドのCassandraデータベースサービスとして使うことができるようになります。

 プレビューにアクセスするには、こちらから登録してください。

 詳細は、記事「マイクロソフト、OSSのNoSQLデータベース『Cassandra』のAPIをサポート」、ブログポスト「Dear Cassandra Developers, welcome to Azure #CosmosDB!」ドキュメントをご覧ください。

Azure Cosmos DBのCassandra APIサポート

 Azure Cosmos DBは、これまで、99.99%の可用性SLAを提供していました。今回、2つ以上のAzureリージョンへのグローバル分散が構成されている場合に、読み取り処理に対して99.999%の可用性SLAを提供するようになりました。

 詳細は、ブログポスト「Azure #CosmosDB @ Microsoft Connect 2017」Azure Cosmos DBのSLAをご覧ください。

Azure Cosmos DBの99.999% 読み取り可用性SLA

 また、今年5月のBuild 2017カンファレンスでプレビューとしてリリースされていたAzure Cosmos DBのTable API(キー/バリュー)サポートが、GA(一般提供)となりました。Azure Table Storageをお使いの方は、Azure Cosmos DBへの移行を検討してください。

 詳細は、ブログポスト「Announcing the general availability of Azure #CosmosDB Table API」ドキュメントをご覧ください。

 同じく今年5月のBuild 2017カンファレンスでプレビューとしてリリースされていたAzure Cosmos DBのGremlin(グラフAPI)サポートが、年内にGAになる予定であることが発表されました。グラフ操作のパフォーマンス改善、インポートやバックアップの改善、TitanDBやNeo4jなどからの移行の簡素化といった機能強化が行われています。

 詳細は、ブログポスト「Pre-announcing the general availability of Azure #CosmosDB Gremlin (Graph) API」ドキュメントをご覧ください。

Azureポータルでのグラフデータの可視化

 他にも、Azure Cosmos DBでいくつかのアップデートが発表されています。まず、Azure Cosmos DBのMongoDB APIサポートで、一意インデックスのサポート、集約パイプラインのサポート(プレビュー)、MongoDB 3.4に対応するMongoDBワイヤプロトコルのバージョン5のサポートといった機能強化が行われました。

 詳細は、ブログポスト「Azure #CosmosDB extends support for MongoDB aggregation pipeline, unique indexes, and more」ドキュメントをご覧ください。

Azureポータルでの集約パイプライン、MongoDB 3.4ワイヤプロトコルの有効化

 今年3月のプレビューがリリースされていたAzure Cosmos DBのSparkコネクターがGAとなりました。これを使うと、Python、Java、Scalaで書かれたSparkアプリケーションからAzure Cosmos DBをクエリできます。

 詳細は、ブログポスト「Apache Spark to Azure #CosmosDB Connector is now generally available」ドキュメントGitHubリポジトリをご覧ください。

Azure Cosmos DBのSparkコネクター

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ