このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第19回

コンテナー関連やAzure AZまわりのアップデートをチェック

Sparkベースの分析基盤「Azure Databricks」が誰でも利用可能に

2018年01月30日 07時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、先週の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

AzureのStandardサポートを値下げ

 Azureでは、無料のBasicから最上位のPremierまで、さまざまなレベルのサポートを提供しています

 Standardサポートは、Azure上で本番環境を稼働している場合には、最低限必要となるレベルのサポートを提供しています。

 今回、Standardサポートの料金が、Azure.comでのオンライン契約のお客様に対して、月あたり300ドル(33600円)から100ドル(11200円)に値下げされました。また、Standardサポートで、事業に大きな影響が発生する場合(重大度A)のサポートケースに対する応答時間が、2時間以内から1時間以内へと短縮されました。

 詳細は、ブログポスト「Azure Standard support now offers the highest value support for production workloads amongst major cloud providers」、更新情報「Azure Standard support plan: price drop and faster initial response time」をご覧ください。

Azureサポートプラン

Azure Databricksがパブリックプレビューに

 Azure Databricksは、Apache Sparkベースの分析プラットフォームのサービスです。

 Azure Databricksは、2017年11月のConnect 2017カンファレンスで発表され、限定パブリックプレビューが始まっていました。

 今回、Azure Databricksがパブリックプレビューとなり、どなたでもすぐにプレビューを試すことができるようになりました。

 詳細は、ブログポスト「Accelerate innovation with Microsoft Azure Databricks」クイックスタートをご覧ください。

Azure Databricks

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ