このページの本文へ

Xperia XZ Premiumロングランレポート第21回

Xperia XZ Premiumで海外ローミングSIMを使ってみた

2017年11月18日 10時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レポート中の「Xperia XZ Premium(SO-04J)」はドコモ版ですが、SIMロックを解除してあるので、ドコモ以外のSIMを挿入して使用可能です。そこで今回は海外旅行でSIMを挿し変えてモバイル通信にチャレンジしてみました。

ドコモ以外のSIMを挿して海外で通信してみた

 といっても渡航先でプリペイドSIMを購入するのではなく、アプリでプランを購入して、世界各国でデータ通信が可能となるiFREE JAPANの「MOGO S SIMカード」(https://www.ifreejp.com/)を使いました。これは9月に東京で開催された旅行業界の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」に出展していたiFREE JAPANのブースでテスト用に配付していたSIMです。

お試し用として配付されていた「MOGO S SIMカード」

 まずは専用アプリをインストールして、配付されたSIMを登録。あとはアプリから渡航先に合ったプランを購入します。データ通信のプランは国によっても異なりますが、アジアやヨーロッパといった複数ヵ国対応の場合、おおむね2ドル/1日。高速データ通信は300MB/1日でそれを越えると低速になります。300MB/1日もあればテザリングでPCやタブレットをつなげたりしないかぎり十分です。

専用アプリをインストールしてSIMを登録欧州プランは1日2ドル。APNもここに記載されている

 あとはSIMをXperia XZ Premiumにセットして、APNを設定すればOK。しばらくすると、現地の電波をキャッチしてデータ通信ができるようになりました。ちなみに、iFREEは香港が本社のサービスなので、香港以外で通信をする場合はローミングデータをオンにする必要があります。

ローミングSIMなので基本的には海外ローミングでの通信をオンにして使う香港で計測した結果、下り20Mbps以上と十分な速度

 この「MOGO S SIMカード」を使って、アジアでは香港とマカオ、韓国、ヨーロッパではドイツでテストしてみましたが、どの国もトラブルなく利用できました。現地でプリペイドSIMを買うのと違い、日本であらかじめ準備できるし、飛行機を降りたらすぐに通信できるのが便利です。

 Xperia XZ Premiumとの組み合わせも問題なし。今後も使用していきたいところですが、配付されていたSIMは期限が11月下旬まで。日本でも正式にサービスインをする予定とのことなので期待しましょう。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART