このページの本文へ

CENTURY「KATANA」

10Gbps対応のM.2 SSD専用アルミ製ケース「KATANA」

2017年11月10日 23時14分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 センチュリーから、M.2 SSD専用の外付けケース「KATANA M.2 SSD USB3.1 Type-C」(型番:CAM2-U31C)が登場した。手持ちのSATA M.2 SSDを有効活用するには、ちょうどいいアイテムだ。

M.2 SSD専用の外付けケース「KATANA M.2 SSD USB3.1 Type-C」

 「刀のようにスタイリッシュ」という、放熱性能に優れたアルミボディーを採用するM.2 SSD専用の外付けケース。22mm幅のM.2(NGFF B-key)規格のSSDが搭載可能で、PCとの接続はUSB3.1 Gen 2 Type-C。理論値ながら、最大10Gbpsの転送をサポートする。

「刀のようにスタイリッシュ」という、放熱性能に優れたアルミボディーを採用

 本体には通電時に点灯、アクセス時に点滅するLEDを装備。本体サイズは100(W)×32(D)×9.5(H)mm、重量約40gで、専用ミニドライバーや固定用ネジ、専用USBケーブル、専用USB変換アダプタ(TypeA-TypeC)、スペーサーが付属する。

 価格は、東映ランドで4480円だ。

PCとの接続はUSB3.1 Gen 2 Type-C。理論値ながら、最大10Gbpsの転送をサポートする

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中