このページの本文へ

独自技術「K2 TECHNOLOGY」によりワイヤレス通信で失われるデータを高音質化

JVCケンウッド、ハイレゾ相当の高音質を実現するBluetoothワイヤレスイヤフォン/ヘッドフォン

2017年11月02日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HA-FX99XBT」

 JVCケンウッドは11月2日、独自の高音質化技術「K2 TECHNOLOGY」を搭載してハイレゾ相当の高音質ワイヤレス再生を実現するBluetoothイヤフォン3モデルを発表。11月上旬に発売する。

 デジタル音源化や圧縮処理により失なわれた音楽情報を波形補正処理により再生成し、原音を忠実に再現する当社独自の高音質化技術「K2 TECHNOLOGY」を Bluetooth無線技術に最適化。従来よりも低い周波数帯域まで処理範囲を拡張することで精度の高い波形補正処理を行ない、ハイレゾ相当(192kHz/24bitフォーマット)の音楽信号として出力。ワイヤレスながらワイヤードに迫る高音質を実現。

 「HA-FX99XBT」は従来モデル「HA-FX99X」をBluetooth化したネックバンドスタイルのインナーイヤーヘッドフォンで、高磁力ネオジウムドライバー、ハウジング内部のトルネード状ダクト、強靭なアルミ切削ボディ、ハンズフリー通話機能などを装備。内蔵バッテリーによりおよそ8時間の連続再生が可能。

「HA-FD70BT」

 「HA-FD70BT」は、エンクロージャ(音響筐体)の先端に超小型ドライバーユニットを直接固定したトップマウント構造や、チタンコート振動板を採用。アルミ切削ボディのイヤフォン部とソフトレザー素材のネックバンド部を組み合わせた高級感あるデザインを採用。内蔵バッテリーによりおよそ7時間の連続再生が可能。ハンズフリー通話にも対応する。ブルーとブラックの2色が用意される。

「HA-SD70BT」

 「HA-SD70BT」はハイレゾ対応の40mmドライバーユニットを搭載するヘッドフォン。従来機「SOLIDEGE HA-SD7」で好評だったチタンコート振動板を採用し、スピン加工を加えたアルミオーナメントとステンレスハンガーをアクセントとしたシンプルで高級感のあるデザインに仕上がっている。内蔵バッテリーでおよそ20時間の連続再生が可能なほか、専用ケーブルで有線接続することも可能。

 価格はいずれもオープンプライス。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART