このページの本文へ

重低音域の再現性を高めるという「エクストリームディープバスポート」搭載

JVC、4500円の「XX」シリーズワイヤレスイヤフォン

2018年02月15日 20時30分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 JVCケンウッドは2月15日、JVCブランドのワイヤレスイヤフォン「HA-FX101BT」を発表した。価格は4860円前後。

 重低音を追求する「XX(XTREME XPLOSIVES)」シリーズのエントリーモデルで、重低音域の再現性を高めるという「エクストリームディープバスポート」を搭載。音筒部の角度を最適化して装着の安定度を改善するというエルゴノミックアングルドフォルムを採用している。

 ハウジング部には衝撃から保護するとする「タフラバープロテクター」を装備し、ケーブル部にはマイク一体型3ボタンリモコンが付いている。

 無線規格はBluetooth 4.1に対応し、最大10mの通信が可能で、対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP、対応コーデックはSBC。電源は最大およそ4.5時間の再生が可能で、充電時間はおよそ2.5時間。重量はおよそ13gで、カラーはレッド/ブルー/ブラック/ホワイトの4色。パッケージにはXXシリーズのデザインコンセプトに合わせたキャリングケースが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン