このページの本文へ

防犯・監視カメラを設置しにくい場所に

LAN工事不要なLTE対応ネットワークカメラシステム「AirREAL-CAM」

2017年11月01日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「AirREAL-CAM」

 MIは11月1日、LTE通信に対応し屋外設置も可能なネットワークカメラシステム「AirREAL-CAM」を発売した。

 LAN工事しにくい場所や、配置が変更されることの多い工場や倉庫、資材置き場などの監視カメラに利用しやすいネットワークカメラシステム。2メガピクセル光学4倍ズームのカメラを装備するとともに、同社製のLTEルーターを内蔵。ルーター単体では-20度~75度までの温度で稼働、カメラは-20度~60度で動作可能。ボックスはIP65規格の防塵防水設計。カメラ画像はスマホへの転送やSDカードへの記録が可能。

オプションでPoE給電もでき、カメラを別の場所に設置できる

 ボックスには電源スイッチおよびブレーカーを内蔵し、オプションでPoEにも対応できる。ボックスはおよそ幅254.2×縦444×厚み69.6mmのコンパクトデザイン(カメラはおよそ直径120×高さ120mm。MIではクラウドサービスなどと組み合わせたソリューション設計も行ない提供するとしている。価格はオープンプライス。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ